短距離の女王・福島千里の「女の子走り」を監督が直さなかったワケ

chichi0701
 

6月27日にパロマ瑞穂スタジアムで行われた女子200メートルで、自身の持つ日本記録を更新し、22秒88で優勝した福島千里選手。長年、短距離女子界をリードしてきた福島選手の指導にあたってきたのが中村宏之監督です。福島選手を日本新記録に導いた中村流指導法とは一体どんなものだったのでしょうか? 無料メルマガ『致知出版社の「人間力メルマガ」』で監督ご自身が語られています。

本当に大切なことだけを伝える

短距離に限って言えば、日本の指導者には、すぐに口を出したがる人がとても多い。何事も技術中心で伝えたがるんですよ。もちろんちゃんとした根拠に基づいているわけですけど、

「足の着地がどうだ」
「腕の振りがどうだ」
「角度がどうだ」

とすぐに口を出したくなる。

単純に前に進むことなんですよ、短距離なんていうのは。

確かにテクニックや技術というのはたくさん取り入れたほうがいい場合もあります。ところがあまりに情報を詰め込みすぎると、逆に何をやったらいいのか選手が分からなくなってしまうんです。

だから指導者は自分の考え方をよほどしっかり持たないと、選手が振り回されてしまうことになります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    賢い人はやっていた!想定より300万円も高く家を売る査定術とは
    (株式会社ウェイブダッシュ)
  • 短距離の女王・福島千里の「女の子走り」を監督が直さなかったワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい