世界最安4ドルのスマホに現地インド人の反応は?

2016.07.05
56
CmCGkSqVAAAfKR_
 

世界で一番安い4ドルのスマホ「Freedom 251」が7日7日に出荷を始めると複数のメディアが報じ、注目を集めています。モディ首相の政策に関係する今回の激安スマホの販売は、人口13億人の大国にどのような影響を与えるのでしょうか。

世界一安い4ドルのスマホ

世界で一番安い251ルピー(約4ドル: 408円。2016年7月現在)のスマホ「freedom251」が7月7日、インドで出荷開始となります。

 

O POVO Onlineさん(@opovoonline)が投稿した写真

インド北部、デリー郊外のノイダにある開発会社「Ringing Bellsは、第一段階として、20万台のスマホを出荷すると発表。

インターネットで事前予約を完了している人だけが購入可能となっており、受け取り時に支払いをするプロセスになっているようです。

 

Backslashさん(@tbwabackslash)が投稿した写真

さて、気になる世界一安いスマホのスペックは以下の通り。

スクリーンショット 2016-07-05 11.10.17

image by: デイリー・メール

初めて商品が公開された2月、購入予約のためのサイトを立ち上げたところ、700万人が一斉にアクセスをしたためわずか数時間でクラッシュしてしまったほどの人気ぶり

サイトクラッシュの後、同社は1秒間で60 万ヒットするほど、ウェブサイトにアクセスが集中したと報告しています。

しかし、当初の販売開始予定から遅延を繰り返しているため、中には「本当に発売されるのか?」と懸念する声も広がっています。

インド人を中心に世界のユーザーたちからこんなコメントが。

「たった4ドルなら、3ヶ月後に壊れたって文句いわないよ。悪くないね」

「通話代とかメール代に月々100ルピー(約1.5ドル)かかるとすると、4ドルでも激安とは言えないんじゃない?」

「いったい発送までどれだけかかるんだよ? 販売されるなんて嘘なんじゃないの?」

「こんなに遅延を繰り返していて、この会社、なんのためにこんなドラマを演出しているの?」

「これは革命的だね4インチスクリーン!4ドルのスマホだって」

「3ポンドのスマホか・・・。(おそらく今の私のスマホよりもいいかも)」

「ええっと、インドから4ドルのスマホ発売だって。本当らしいよ」

モディ首相はインドの貧困削減や人材育成を目的に、ITを活用することを政策として掲げており、今回のFreedom251の開発は、まさにその目的に適うものとなりました。

インドの人口は13億人。

これだけ安い価格で販売できるのも、その人口の多さから成る購買力があってこそ。

スマホを手にした貧困層が、インドの経済にどのような影響を与えて行くのか、注目が集まっています。

image by: Express Technology’s Twitter

source by:  Mail Online / THE TIMES OF INDIA , Ringin Bell’s Facebook

文/長塚香織

print
いま読まれてます

  • 世界最安4ドルのスマホに現地インド人の反応は?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け