打倒スシロー。回転寿司「すし銚子丸」がジワジワ売上を伸ばすワケ

tempo0707
 

外食産業の中でも特に競争が激しいと言われている回転寿司業界ですが、中堅どころの「すし銚子丸」が大健闘しています。無料メルマガ『店舗経営者の繁盛店講座|小売業・飲食店・サービス業』の著者で店舗経営コンサルタントの佐藤昌司さんは、ネタの鮮度もさることながら、同業では群を抜く「サービスの良さ」に人気の秘密があると分析しています。

「すし銚子丸」の「まぐろ解体ショー」の凄み

回転寿司「すし銚子丸」を運営する銚子丸が好調です。2016年5月期決算は、売上高が197億円(前年同期比3.4%増)と増収となりました。

直近10年の通期の売上高は一貫して右肩上がりで成長しています。07年は126億円で、07年からの10年間一度も減収になったことはありません。競争が激しい外食産業では健闘しているといえるでしょう。

回転寿司業界の競争は激しく、名の通った大手でも苦戦しているところが少なくありません。たとえば、「かっぱ寿司」を運営するカッパ・クリエイトホールディングスは3期連続で減収となっています。13年2月期の売上高は941億円、14年は933億円、15年は876億円、16年は803億円と右肩下がりで低下しています。

こうした厳しい環境下でも、銚子丸は健闘しているといえます。業界最大手はスシロー」で、15年9月期の売上高は1,350億円です。大手と比べると規模の面ではまだまだといえますが、今後はこうした大手を切り崩していく可能性が十分にあるといえるでしょう。

銚子丸の強みは「まぐろにこだわったメニューの充実にあります。鮮魚は早朝に水産物卸売市場で仕入れ、当日中に店舗で加工して提供しています。産地直送で鮮度の高い厳選された旬の食材を提供していることが強みとなっています。おいしい寿司を愉しむことができます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    GWの10連休で日本市場はどうなる?年末の暴落危機は再び訪れるのか
    (株式会社新生ジャパン投資)
  • 打倒スシロー。回転寿司「すし銚子丸」がジワジワ売上を伸ばすワケ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい