元少年に死刑判決で一斉に実名報道へ。なぜ実名・匿名で揺れるのか?

20439923674_91c7f3ebac_k (1) copy
 

宮城県石巻市で元交際相手の姉ら二人を殺害した当時18歳の少年に対し、最高裁は死刑の判決を確定しました。この少年は犯行当時未成年であった為、少年法第61条より、マスコミ各社は実名での報道を避けてきました。しかし、死刑判決の確定を受けて、「更生の可能性がなくなった」という理由から一斉に実名報道への切り替えを行っています。メルマガ『辛坊治郎メールマガジン』では、唯一、実名報道への切り替えを行っていない毎日新聞の屁理屈を痛烈に批判。そもそも「死刑が確定したら実名報道という考え方自体が間違っている」と語り、報道の担うべき役割を説明しています。

狂った日本のシステム、少年法第61条

少年法第61条は、少年犯罪について匿名をメディアに法律で義務づけ、順法精神の豊かな日本のメディアは、頑なにこの規程を順守してるんですが、例外があります。罪を犯した少年が、死刑判決を受けた場合です。

先ごろ宮城県石巻市で元交際相手の姉ら二人を殺した犯行時18歳の少年について、最高裁が死刑を確定させました。この件について、テレビ、新聞等のほぼ全メディアが少年を実名に切り替えました。当たり前です。少年法が少年犯罪について、メディアに匿名を義務付けているのは、「少年の可塑性」つまり、「成人より変わりやすい未成年の犯罪を実名で報道すると、将来の更生に支障が出るから」という理由です。

そもそも「それなら、成人は更生しなくていいのか?」って聞きたくなりますが、それに対しては、「少年は可塑性に富む、つまり変わりやすいから」っていう公式見解が返って来ることになっています。

正直、この答え自体「それってどうよ」って思いますが、100歩譲って、いや1000歩譲って、「更生の妨げにならないように匿名にする」っていう理屈を認めるなら、「更生の可能性の無くなった死刑囚については匿名にする理由が無くなる」と考えるのは当たり前でしょう。この当然の理屈から、ほぼ全メディアは石巻の死刑囚について実名に切り替えたんです。ところが例外がありました。それが毎日新聞です。

print
  • PR まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    まだ試していない!?あなたの「可能性」を数値化するAIスコアの実態に迫る
    (株式会社J.Score)

  • 元少年に死刑判決で一斉に実名報道へ。なぜ実名・匿名で揺れるのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け