まさに狂った油。身近な食品に潜む「トランス脂肪酸」の危険性

shutterstock_186491849
 

8月1日、米マクドナルドが「チキンマックナゲット」やスクランブルエッグなど朝食メニューの一部で、人工保存料の利用を取りやめると発表したことが報道されました。米消費者の間で高まる健康志向を反映した動きのようですが、同じマクドナルドの「マックフライポテト」には、あの悪名高き「トランス脂肪酸」が含まれていることはご存知でしょうか。「食べるプラスティック」とも呼ばれ、人体への悪影響はかなりのものだそうですが、日本ではその危険性はあまり報じられません。そんなトランス脂肪酸を多く含む食品が、無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』で詳しく紹介されています。自分の体は自分で守ることが大切ですよ。

それ、食べられるの?

さて、本日はミルクのお話。

東京に住んでいたころ不思議に思っていたものがありました。それはカフェにおいてあるクリームです。だってさ。あれってクリームって言うからにはミルクが原材料のはずですよね? なら、冷蔵しないと腐るはずなのに、どうして店の中で常温のまま放置されているんだろ? しかも、いくつとっても怒られない(まあ、5つもとる人もいないでしょうけど)ですよね? つまり、タダ…以下なんですよね。

まあ、結論としては、あのポーションとかコーヒーフレッシュとか呼ばれるコーヒー用クリームは飲むプラスティック(×▲×)とあだ名されるトランス脂肪酸のカタマリで、クリームとはナンのカンケーもないし、フレッシュさなんてどっっっこにもない科学物質なんですけどね。

トランス脂肪酸の寒気のする危険性は、あまりにも有名です。アトピーや花粉症ぜんそく成人病などの元凶とも言われていますね。

そう、タダで取り放題で常温で腐りもしないブツ、アイツをありがたがる状態を評して、資本主義ではこういうことわざがあります。

タダより高いものはない(◆_◆)

ってヤツですよ。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • まさに狂った油。身近な食品に潜む「トランス脂肪酸」の危険性
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け