イメージの悪い「民泊」。でも利用してみたら予想以上に快適すぎた

shutterstock_219080173
 

規制緩和がなされ、一般の方も使用していない住宅の一部を貸すビジネスに参入できるようになったいわゆる「民泊」。トラブルも多いため、民泊についてこれまで控えめな態度だった無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』の著者・廣田信子さんですが、ご自身の娘さん夫婦が実際に利用したエピソードに触れ、そのすばらしい面を垣間見ることができたといいます。

「民泊」利用ってなかなかいい?

こんにちは! 廣田信子です。

娘の家族が、先日、神奈川県の有名な海水浴場すぐ近くで「民泊」を利用しての夏休みを過ごしました。幼児が1人いる2家族6人で3泊4日の利用です。Airbnb (エアビーアンドビー)のサイトで見つけた「民泊」は最高だったみたいです

幼児がいるので、海で疲れたらすぐに戻って休憩やお昼寝ができ、自分達で自由に料理がしたいというニーズに「民泊」はぴったりだったのです。

ご主人が日本人で奥さんが外国人のホストファミリーで、普段は、1階にご主人のお母さんが暮らす2世帯住宅です(おそらく)。その1階部分を夏の間「民泊」として提供しているのです。その間は、たぶん、お母さんも2階で生活しているのでは…ということです。

本来の趣旨の「民泊」で、自分たちの生活の場の一部を提供するのですから、きちんと事前のやりとりで、信頼できるゲストかをチェックするのですが、友人家族のご主人も外国人ですし、英語でのコミュニケーションもスムーズだったので、問題なくOKとなったようです(もちろんホストのご主人とそのご家族は日本人で、日本語でもコミュニケートできるので日本人の利用者もいるようでした)。

詳しい説明等は英語で書かれている紹介ページですから、たぶん、外国人旅行者のホストを一番に想定していて(家の中の注意書きなども英語で書かれていたようです)、ホストとの出会いも楽しみにしての「民泊」登録だったようです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • イメージの悪い「民泊」。でも利用してみたら予想以上に快適すぎた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい