【英語レッスン】初対面の相手の名前が聞き取れないときの対処法

2016.09.14
16
by ニシム(MAG2 NEWS編集部)
shutterstock_789477430
 

みなさん、こんにちは。「英語のまぐまぐ」編集部のナオミです。先日、アメリカ系の某外資系企業に転職して1年になるNさんが、入社当時を振り返って、こんな失敗談を教えてくれました。

外資系企業に転職したてのころは、取引先や上司の名前が聞き取れなくても、あやふやなままにしておく悪い癖が抜けず、あとでずいぶん困りました。
日本では、「とりあえず名刺交換」が基本でしたから・・・。
当たり前ですが、外国人の名前って本当にいろいろあるんです!
それに現地(米国)とはどうしてもメール中心のやり取りが多いので、無意識に男性だと思って「Mr.」をつけてメールを送った相手があとで女性だとわかり恥をかいた!なんてことも・・・。

今回は、外資系企業で誰もが遭遇する“英語の呼称に関する疑問”に大阪外国語大学・准教授の杉田米行先生が答えます。外資系企業に転職したばかりという方も、転職を考えている方も参考にしてみてください。

1. 初めてメールする場合

アメリカ人はフレンドリーだから、ビジネスの世界でも常にファーストネームで構わない!?

たとえば、会ったこともない取引先担当者に英文電子メールを出すとき、どのような呼称を使えばよいのでしょうか。

親近感を出すためにファーストネームで書くのか、丁重に Mr. や Ms. をつけるべきかは非常に悩むところですね。次の例文を見てみましょう。

Dear Ms. Nelson:
Thank you very much for your email of July 17 in regard to your visit to my office.

ネルソン様:
私の事務所にお越しくださるという7月17日付けの電子メールを賜り、ありがとうございます。
※女性の場合は未婚・既婚両方に使える Ms. を使うのが無難です。

このように、初めてメールを出す相手や、まだあまり親しくない人に対しては、ファーストネームは避けた方が無難です。

print
いま読まれてます

  • 【英語レッスン】初対面の相手の名前が聞き取れないときの対処法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け