実は大麻の使用を罰する法律はない?なぜあの女優は逮捕されたのか

shutterstock_354999077
 

人気ドラマ「相棒」出演女優として知られ、最近はナチュラリストとして活動していた高樹沙耶(本名:益戸育江)容疑者ですが、「医療大麻の解禁」を求めて参院選に出馬したことでも注目を集めました。その効果についてはさておき、日本において薬物を取り締まる法律にはどのようなものがあり、どのくらいの罪の重さになるのでしょうか。無料メルマガ『知らなきゃ損する面白法律講座』で、現役弁護士が詳しく解説しています。

元女優が大麻所持の疑いで逮捕。大麻取締法とは?

元女優の高樹沙耶容疑者が沖縄県内で大麻を隠し持っていたとして10月25日厚生労働省の麻薬取締部に大麻取締法違反の疑いで逮捕されました。高樹容疑者は自分のものではないと容疑を否認しているということです。

昨年末は女優が自宅でコカインを所持していたとして麻薬取締法違反で逮捕され、今年に入ってからは2月に元野球選手が覚せい剤取締法違反で逮捕、さらに6月に元俳優が覚せい剤取締法違反と大麻取締法違反で逮捕されるというように芸能人の薬物がらみの逮捕が相次いでいます

薬物を取り締まる法律は、覚せい剤に関して規制を行う「覚せい剤取締法」、大麻に関する「大麻取締法」、ヘロイン・モルヒネ・コカイン・向精神薬等に関する「麻薬及び向精神薬取締法」、あへん(けし、けしがら等)に関する「あへん法」などがあります。今回は、ニュースでよく見る「覚せい剤取締法」と比較しながら「大麻取締法」の詳細について見てみたいと思います。

print

  • 実は大麻の使用を罰する法律はない?なぜあの女優は逮捕されたのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け