サービス、サービスゥ! 上海に出現したエヴァ初号機を激写してきた

p1104396
 

1995年の登場以来、多くの人間を魅了し続けるアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」。お隣の中国にもファンが多いようですが、なんと上海に世界最大級のエヴァンゲリオン初号機が降臨したとのことで、無料メルマガ『上海からお届け! 簡単3分、写真で覚える生活中国語』の日本人著者・ジンダオさんが早速その姿を激写すべく現地に走ってくれました。

上海に出現! 世界最大級巨大エヴァンゲリオン初号機。

これが意外と想像を超えてカッコよかったです。

上海にエヴァンゲリオン初号機が降臨! との話を聞きつけ、目指したのは人民広場から地下鉄1号線で北へ40分の場所にある「汶水路駅」。駅の周辺は建設中のマンションが並び都市高速が建設されている場所。「本当にこんな場所に初号機が?」と疑問を抱きつつも、都市高速の下をテクテクと駅から歩くこと10分。私の目に飛び込んできたのは、あまりにも巨大な紫色の巨大な背中!

0112_jindao1

信号が変わるのを今か今かと待ちながらシャッターを押していると、交通整理中の警察官から「お前もアレを見に来たのか? 最近多いな」と一言。

0112_jindao2

横断歩道を渡り足早に正面に向かって行くと、私と同じくパシャパシャと撮影をしている中国人がチラホラ。以前「エヴァンゲリオン」の登場人物の中国語をご紹介しましたが、中国人にも根強いファンがいるようです。

正面に向かって撮影を! と思ったのですが、いつまでたっても塀が続き、初号機が降臨している正面に到着できず。そのためでしょう、遠巻きや塀を登って撮影を試みている中国人が。

0112_jindao3

0112_jindao4

0112_jindao5

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • サービス、サービスゥ! 上海に出現したエヴァ初号機を激写してきた
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け