とあるセブンイレブンの新オープンのお祝いが激しすぎると話題に

2017.03.07
8
C5ukkbiUwAEJWQK
 

東京・町田市に新オープンしたセブンイレブンで行われていた、あまりにもハイテンションすぎるオープン祝いを、Twitterユーザー・イトウサキ (@ssssaki1009)さんが報告してくれている。

新しいお店で働けるというこの喜びの感情を、地域の皆さんにもおすそ分けといった感じであろう。

 

 

店員さんたちが屋根の上に立ち、集まったお客さんたちに向かってお餅を投げまくる!

これは棟上げ(むねあげ)、あるいは建前(たてまえ)と呼ばれるもので、完成した建物が、今後災難が襲わないことを願って行われる儀式であるという。

どちらかというと一軒家など普通の家屋で行われることが多いのだが、きっとこのセブンイレブンのオーナーさんは、恐らく縁起を気にするタイプの人なのだろう。

 

 

棟上げは現在、都心を始めある程度の大きさの街では、マンションが建築の主流となっていることもあり、行われることも少なくなった。

だが田舎では盛んに行われている場所もあり、そのような地方に住んでいるという人は、何度か見たことが、あるいは参加したこともあるのではないだろうか?

■Twitterの反応

 

 

 

 

 

 

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

記事提供:ViRATES

 

ViRATES

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • とあるセブンイレブンの新オープンのお祝いが激しすぎると話題に
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい