古き良き時代は芸者、富士山…。変遷する日本のステレオタイプ

shutterstock_266867663
 

海外のメディアで報じられたニュースを解説する『心をつなぐ英会話メルマガ』では、今回のテーマは、「芸者と幇間、移ろいゆく『ステレオタイプ』」についてです。

古き良き時代の日本のステレオタイプ

芸者フジヤマ」という言葉が死語になったこの頃、改めて、古き良き時代の日本へのステレオタイプに今回出会うことができました。

昔、このイメージを嫌った日本人が多くいました。戦後といわれる時代、日本はもっと近代的な国だと背伸びしたがっていた頃のことです。今や、江戸情緒をかもす「芸者」とその芸も、日本の象徴ともいえる「富士山」も、世界に堂々と披露できる宝となりました。

ご存知かもしれませんが、芸者さんは、芸を売るのが仕事です。一部に風俗と混同している人もいて、外国人にもそうした誤ったイメージが残っています。

しかし、三味線と小唄で踊る芸者さんは、江戸の遊びの世界を今に伝える貴重な文化遺産ともいえるのです。幇間(ほうかん)という人がいます。幇間の別名は太鼓もち」。これは、料亭のお客を芸者さんと一緒にもてなすために、様々な芸を披露する男性のこと

ある意味で、西欧世界のピエロに通じるものもあり、今ではそんな芸を極めた人もわずかしか残っていません

先日、縁あって東京の向島の料亭を、アメリカの友人と訪ねました。そこで鑑賞できた芸者さんと幇間さんの芸の素晴らしさ江戸文化の奥深さに彼らも感動。日本を紹介してゆく上で、我々こそもっと日本を学ばないといけないと、実感したひと時でした。

ステレオタイプは時とともに変化します。

今、日本人へのステレオタイプは、「表情の読みづらい不可解な人」というイメージ。

そんなステレオタイプをもった海外の人が、この洒脱な江戸の遊びに接したら、そこにむしろ新しいものを感じるかもしれません。多彩な表情とユーモア、そして移ろう時への情緒を堪能できる日本

そんなイメージを、世界に植え付けてゆきたいものです。

image by: Shutterstock

山久瀬洋二この著者の記事一覧

たくさんの単語を覚え、丹念に文法を学習し、発音練習とヒアリング訓練に明け暮れても、英語で上手にコミュケーションがとれるようになるとは限りません。 それは、会話の背景に育った国・地域の文化や習慣の影響があるからです。 このメルマガでは、相手の趣旨を出来るだけ理解し、自分の意図ををより正確にに伝える「異文化コミュニーション」の手法をお伝えします。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 山久瀬洋二 えいごism 』

【著者】 山久瀬洋二 【発行周期】 ほぼ週刊

 

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 古き良き時代は芸者、富士山…。変遷する日本のステレオタイプ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け