中国がどうやっても外見を美しく保たなければならないわけ

shutterstock_142309468
 

9月3日に北京で行われた、抗日戦争勝利70年記念の軍事パレード。この行事を通して中国は各国にさまざまなメッセージをアピールする狙いがあると見られていましたが、「その目論見はうまく行ったとは言えない」とするのはメルマガ『高城未来研究所「Future Report」』の著者・高城剛さん。「成功したのは当日の天候だけ」としながらも、その晴天は「中国内部の危機の現れ」と分析しています。

中国がどうやっても外見を美しく保たなければならないわけ

今週は中国の「抗日戦争と世界反ファシズム戦争勝利70周年記念」の軍事パレードにつきまして、私見たっぷりにお話ししたいと思います。

先週9月3日中国北京市で、「抗日戦争および世界反ファシズム戦争」における中国の勝利を記念しまして、天安門広場で大規模な軍事パレードが開催されました。これは、習近平氏が2012年11月の中国共産党第18回全国代表大会において、中国共産党中央委員会総書記と中国共産党中央軍事委員会主席に就任して以降、最初の大規模な祝典イベントになります。

各国首脳級が出席したのはロシア、韓国、南アフリカなど30カ国で、ロシアを除く欧米主要国は首脳級の派遣を見送りました。このあたりは、アジア開発銀行への参加と違い、欧州主要国の中国との「本当の距離」を窺わせるものがあります。

このイベントを通じて中国は、「第2次世界大戦の戦勝国」として米欧主要国との連帯をアピールする狙いもあり、また、「アジアの大国」のイメージを世界へさらに強く押し出したかったのでしょうが、その目論見はうまく行ったとは言い難いものになりました。

印刷する

 

 

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 中国がどうやっても外見を美しく保たなければならないわけ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい