NYの2000円ラーメンを笑う日本人に教えてあげたい「景気の話」

 

でも、そんな市場に慣れてしまったら、心の中である逆転現象が生じます。

アメリカが高いんじゃない 日本が安すぎるんだ」と。

なので、東京出張はヤメられない(笑)

美味しくて、格安で、チップもいらなくて、退店時「ありがっ、ございゃーす!!」と声がけしてくれる店員までいる。

マズくて高くてチップの額が少しでも少なかったら店の外まで追いかけてくる店員がいるニューヨークとは大違いです。

それくらい、日本のレストラン文化は素晴らしい

隣の牛丼屋より20円でも安くする。それはレストランに限りません。週刊文春が420円なら、週刊新潮は400円に。あの狭い国の中で価格競争は歯止めが効きません

日本のある男性の知り合いが、ドヤ顔で僕に言いました。「ランチに500円以上かけるヤツ、バカよ。今はワンコインで十分美味いんだから!」

日本のある女性の知り合いが、勝ち誇った顔で僕に言いました。「無料のクーポン雑誌をうま~く利用するから、アタシ、ここ数年、正規価格で美容院行ったことなーい」

なるほど。

素晴らしい国です。

彼らが得意げに話したくなる気持ちもわかります。

と、同時に。

詳しい経済のことはわからないけれど。 間違いなく日本はこの先何年も景気が回復することはないんだろうなぁということもわかります。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    誰も教えてくれない自分の「可能性」、それAIが2分で教えます。
    (株式会社J.Score)
  • NYの2000円ラーメンを笑う日本人に教えてあげたい「景気の話」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい