羽生結弦、大会2連覇となる金メダル獲得。宇野は転倒も2位

2018.02.17
75
by gyouza(まぐまぐ編集部)
unohanyu
 

【速報】羽生結弦選手、フィギュア男子フリーで高得点をマークし金メダル。ソチ五輪に続く2連覇

韓国で開かれている平昌冬季五輪のフィギュアスケート男子フリー(FS)で17日、日本の羽生結弦選手(ANA)が317.85という高得点をマークし、見事金メダルを獲得した。これで、2014年のソチ冬季五輪に続き大会2連覇となる。羽生は、前日16日に同ショートプログラム(SP)でも111.68点という自己ベストに迫る高得点をマークし、首位でFSを迎えていた。同じく日本代表の宇野昌磨選手(トヨタ自動車)は、転倒したにも関わらず306.90をマークし2位につけた。これで、日本勢は羽生の金、宇野の銀と、1位2位を独占する形となった。日本のフィギュアスケートで複数のメダルを五輪で同時に獲得したのは史上初となる。

image by: Wikimedia Commons(David W. Carmichael)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 羽生結弦、大会2連覇となる金メダル獲得。宇野は転倒も2位
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい