習近平、事実上の「皇帝」に。憲法改正で国家主席の任期撤廃

shutterstock_600762884
 

中国での絶対的権力者である「国家主席」。現在の国家主席は習近平氏ですが、同氏は憲法を変え、5年2期までという任期の撤廃を目論んでいます。実現すれば「終身国家主席」になる可能性も出てくるわけですが…、無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』の著者で世界情勢に詳しい北野幸伯さんは、この状況をどのように見ているのでしょうか。

習近平、【終身】国家主席へ大きく前進

非常に重要なニュースが入ってきました。習近平が、「憲法を変えて、5年2期までという規制を廃止する」というのです。

中国主席、任期撤廃案…習氏の長期政権に道

読売新聞 2/25(日)18:44配信

 

【北京=竹内誠一郎】中国国営新華社通信は25日、中国共産党中央委員会が、「2期10年」と憲法が定める国家主席と国家副主席の任期について、この規定を削除する憲法改正案を、3月5日開幕の全国人民代表大会(全人代=国会)に提案すると伝えた。

皆さんご存知のように、中国は「共産党の一党独裁国家」。しかし、国家主席の任期が「1期5年」「2期まで」という規定によって、ある程度「独裁者の誕生が阻止されていました。実際、毛沢東後の指導者は、「それほど絶対的な独裁者ではなかった」といえるでしょう。

改正されれば、2013年就任の習近平(シージンピン)国家主席(党総書記)は、2期目の任期が満了する23年で3選が可能となり、長期政権への道が開かれる。全人代は事実上、党の指導下にあり、改正案の採択は確実だ。
(同上)

改正案の採択は確実だ」そうです。「3選が可能となり」といいますが、実際は、4選、5選、6選、7選、8選、9選、10選も可能ということでしょう。習近平は、これからも政敵をバンバン倒していくでしょうから、「死ぬまで国家主席でいる」ことだって可能になります。

というわけで習近平、「終身国家主席」に大きく前進です。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 習近平、事実上の「皇帝」に。憲法改正で国家主席の任期撤廃
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい