ここがヘンだよ「森友問題」。マスコミが報じない猛烈な違和感

shutterstock_572804956
 

文書の改ざんが発覚し、再び注目を集めた「森友問題」。27日には改ざん当時の財務省・理財局長である佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問が決定し、事実の解明が期待されています。今回のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』では著者で米国在住の作家・ジャーナリストの冷泉彰彦さんが、“ここがヘンだよ『森友問題』”と題し、浮かび上がる「9つの違和感と疑問点」をわかりやすく解説しています。

ここがヘンだよ『森友問題』

一連の「森友問題」ですが、ここへ来ての「進展」については、全くついて行けていません。勿論、完全に「政権が死に体」になってしまうと、外交がクリティカルな現時点では大問題になるので、政権を替える必要も出てくるのでしょうが、現在の展開には違和感が猛烈にあります

私は、安倍総理については、第一次政権時代から続く「歴史認識における二枚舌」問題などから、決して積極的な支持者ではありません。アベノミクスにしても、「第3の矢」がいつになっても加速しないのには、かなり苛立っているのも事実です。

ですが、オバマ大統領との相互献花外交や、迷走しているものの日韓合意を一度は実現したという「中道実務的な成果は歴史に残るだろうと思っています。また、仮に左派的な政権ができたとしても「右派票を恐れて」もっとずっと「右の政策」を採用する危険は十分にある中で(例えば野田政権の尖閣国有化)、この時点での倒閣というのが本当に必要なのか、改めて冷静になっていただきたいようにも思うのです。

それはともかく、今回は「森友問題をめぐる違和感」について、箇条書き的に整理してみたいと思います。

print
いま読まれてます

  • ここがヘンだよ「森友問題」。マスコミが報じない猛烈な違和感
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け