安倍政権vs愛媛県、「加計学園」ウソをついているのはどっちだ?

 

中村知事が「備忘録」と呼ぶその記録文書は愛媛県が15年4月2日に柳瀬秘書官と会った後に書き記したものだ。「獣医師養成系大学の設置に係る内閣府藤原次長・柳瀬首相秘書官との面談結果について」とタイトルがつけられている。

文書のうちの、≪柳瀬首相秘書官の主な発言(総理官邸)15:00≫の記述は以下の通りだ。(一部省略)

  • 本件は、首相案件となっており、内閣府藤原次長の公式のヒアリングを受けるという形で進めていただきたい。
  • 国家戦略特区でいくか、構造改革特区でいくかはテクニカルな問題であり、要望が実現するのであればどちらでもいいと思う。現在、国家戦略特区の方が勢いがある。
  • いずれにしても、自治体がやらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を持つことが最低条件。

明らかに、総理周辺が獣医学部新設を後押しするために、策を授けている構図だ。「首相案件と明確に言っていることにまず驚かされる。「やらされモードではなく、死ぬほど実現したいという意識を」という表現にはズシリとしたリアリティがある。

朝日新聞は続報でこの記録文書の全文を公開した。そこにはさらに驚くべきことが書かれていた。

加計学園から、先日安倍総理と同学園理事長が会食した際に、下村文科大臣が加計学園は課題への回答もなくけしからんといっているとの発言があったとのことであり、その対応策について意見を求めたところ、今後、策定する国家戦略特区の提案書と併せて課題への取り組み状況を整理して、文科省に説明するのがよいとの助言があった。

加計学園の関係者が柳瀬秘書官に質問した内容のようだ。安倍首相と加計理事長が会食したさいに、獣医学部について文科省が求めた課題への回答をしてこないことに下村大臣が不満を持っているという話が出たが、どう対応すればよいかを聞いたところ、丁寧に助言をもらったということだろう。

print
  • PR 我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    我が家のマンション、今どれくらい? 不動産のプロがオンラインで無料査定
    (PR:株式会社ウェイブダッシュ)

  • 安倍政権vs愛媛県、「加計学園」ウソをついているのはどっちだ?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け