共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言

shutterstock_1099804388
 

何気なく口にした一言や悪気があって取ったわけではない行動で、奥様や恋人、はたまた職場の女性を不機嫌にさせてしまったという経験がある男性、多いのではないでしょうか。そんな「男性には理解不能な反応」にもきちんと理由があるとするのは、カップル成立率50%以上の婚活スペシャリスト&異性間コミュニケーション講座考案者の佐藤律子さん。佐藤さんは自身のメルマガ『佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術』でその理由を記すとともに、家庭でも職場でも使える「女性が笑顔になる対応」をレクチャーしています。

男性の何気ない「○○して!」が地雷になる

ある共働きの夫婦。夫が仕事から帰ってきて、妻にひと言。

「部屋が汚れているから掃除したら?」

さて、この言葉には3つの地雷が含まれています。おわかりになりますか?

  1. 汚れているという事実に気づいたのなら自分でやればいいのに!
  2. わたしだって仕事から帰ってきて疲れているのに
  3. なんでわたしばっかり掃除しなくちゃいけないの?

夫はただ、部屋等が汚れているから掃除をしてキレイにして欲しいと、目で見て気づいたことを言っただけ。しかし、働く妻に対してはやっちゃいけないNG行為です。

専業主婦だったらOK。専業主婦は家事が仕事であって、それを放棄して掃除等の家事もせず、ダラダラTVを見ているのであれば「家庭を守る」妻の役割をしていないので、「部屋が汚れているから掃除したら?」と言って当然OKです。

しかし、妻はワーキングマザーで、外で働きながら子育てもしています。そうであるならば、権利は外で働く男性と同等です。仕事で疲れているのも同じ。家でくつろぎたいのも同じ。家事をするのも同じ。

そうです。共働き夫婦は夫も妻も同じなのです。

特に、2.の「わたしだって仕事から帰ってきて疲れているのに」が一番の地雷。「わたしの今の状況にも気づいてよ!ちゃんとわたしを見ていないでしょ?」という言葉が隠れているのです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 共働き夫婦だからこそ、夫が絶対に言ってはいけない「地雷」の一言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい