W杯日本戦で3点目を決めたベルギー選手に韓国人アナが叫んだ言葉

shutterstock_1119542900
 

初のワールドカップ8強の座を賭け、格上のベルギー相手に予想を上回る大健闘を見せてくれたサッカー日本代表。アジア唯一の決勝トーナメント進出国としても注目を浴びましたが、韓国ではどのように受け止められていたのでしょうか。 無料メルマガ『キムチパワー』の韓国在住歴30年の日本人著者が、現地のテレビやネット上の反応といった「事実」を冷静に伝えています。

W杯をいかに見ているのか

きょうは、ワールドカップに関する内容で書いてみる。サッカーは全世界の人が愛する共通のスポーツだ。野球はごく限られた国でだけ愛されているが、サッカーはグローバルだ。筆者も小、中、高(2年くらいまで)とサッカーをやってきたので、サッカーに対する愛は人並み以上と認識している。(野球への関心は0に等しい)。

今回のロシア大会。アジア勢は日本だけを残して全て散ってしまった。16強に這い上がったのは日本のみ。だったらアジアの人は皆日本を応援するのだろうか

否だ。

台湾、ベトナム、タイなどはたぶん大部分、日本を応援してくれるのだろう。中国はどうか。30%くらいはあるのか。(いや、5%未満か)。韓国はどうか。日本を応援する韓国人はたぶんただの一人もいないだろう。

昔は、いくら日本が嫌いでも、同じアジアとして応援してくれてもいいんじゃないのと思っていた時期もあった。しかし今はちがう。そんなことは期待するべきでもないし、期待しても100%叶えられないワザなのだ。こちらで30年暮らしてきてやっとそんなことがわかるようになってきた

こちらでワールドカップの放送を見ていると、実に耐え難いものがある。KBSだろうとMBCだろうとSBSだろうと、どこの放送局も、皆、アンチ日本の心情がもろに伝わってくる言い方で放送をする。日本が出てくると、対韓国でなくても常に日本でないほうを応援する立場での解説となる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • W杯日本戦で3点目を決めたベルギー選手に韓国人アナが叫んだ言葉
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい