武田教授が大胆提言。大脳を錯覚させて「老人化」を防ぐ方法

 

老人をさらに老人にするために躍起になる社会。そこから抜け出すには?

「正常な加齢による変化」とは「血管の硬化」「筋肉が弱くなる」「性機能の低下」「胃腸の活動の低下」などですが、一応あまり抵抗せずに受け入れ、その中で回復に努めます。

まず、血管の硬化は変化を受け入れた後、異性(特に男性で55歳過ぎの場合は、女性の友人)がいるといないとで血管の老化がかなり違うという結果が、勤労男性を大病院が調べた結果で分かっています。

筋肉が弱くなるのも、かつて100メートルを13秒で走った人が18秒になるのは仕方がない加齢の変化ですので、その変化に対して「筋肉増強剤」を飲む必要はありません。そうではなく、加齢による変化を受け入れてその上でスポーツをするのです。年齢が高くなってもテニス、ボクシング、水泳ぐらいの運動はできます。

「性機能の低下」はある意味では自然ですが、過激でない範囲で異性に興味のある状態を作っておく必要があるでしょう。

「消化能力の低下」も仕方がないのですが、それを過度に意識して、「肉から豆腐へ」と変化させるとそれ自体が老化を早めることになります。

これに対して、「髪が白くなる(染めればよい)、薄くなる(養毛剤を使えばよい)」「肌が汚くなりシワがよる(適正な化粧品を男性も使う)」「骨が弱くなる(カルシウムを取って、できるだけ立つ時間を増やす)」などは対策がとれます。ここで危険なのは、社会は老人をさらに老人にするために躍起になります。たとえば、「シルバーシート」を作って足を弱くするようなことをしますから、そんなものに座らないことが必要です。

そして「大脳の力をフルに使って、50歳を過ぎてからは、毎日「俺は50歳だ!」とつぶやくことです。もちろん、実際は50歳を超えているので無理やり、錯覚させるわけですが、大脳に錯覚させて老化を防ぐことができます。最初は「俺は50歳だ!」でよいのですが、慣れてくると、50歳以下に変えていき、「45歳だ!」までは、実際の年齢が75歳になっても十分、錯覚することができます。(続きはご登録の上、お楽しみください)

初月無料購読ですぐ読める! 7月配信済みバックナンバー

※2018年7月中に初月無料の定期購読手続きを完了すると、以下の号がすぐに届きます。

  • ~少子高齢化の危機(3)第二の人生の設計・・・健康編の1~(2018/07/18)
  • ~少子高齢化の危機(2)第二の人生の出現~(2018/07/11)
  • ~少子高齢化の危機(1)日本の少子高齢化と世界の比較~(2018/07/04)

いますぐ初月無料購読

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます。

2018年6月分

  • 核武装せずに自衛する方法(2018/6/27)
  • 毎日のゴミ出しを楽にする方法(2018/6/20)
  • 温暖化に使う税金を節約する方法(2018/6/13)
  • 官僚がウソをつかない方法(2018/6/6)

2018年6月分のバックナンバーを購入する方はコチラをクリック。1ヶ月分864円(税込)で購入できます。

image by: Shutterstock.com

武田邦彦この著者の記事一覧

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」 』

【著者】 武田邦彦 【月額】 初月無料・864円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日(祝祭日・年末年始を除く)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 武田教授が大胆提言。大脳を錯覚させて「老人化」を防ぐ方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい