武田教授が大胆提言。大脳を錯覚させて「老人化」を防ぐ方法

shutterstock_1136914754
 

人間であれば必ず歳をとりますが、いつまでも若々しい人と、いかにも「高齢者」に見える人の差はどこにあるのでしょうか。メルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』の著者で中部大学の武田教授は、「社会が老人をさらに老人化している」と指摘。いつまでも健康で若々しくいるためには「大脳を錯覚させる必要がある」と、大胆な提言をしています。

プロフィール:武田邦彦たけだ・くにひこ
中部大学教授。東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。

テレビや新聞に振り回されない!自分の「健康で幸福な生活指針」

なんといっても第二の人生の幸福のほとんどは「健康」で決まります。でも、現在では政府の経済政策と同じように「高齢者で儲ける医療政策」が行われていますので、テレビや新聞などで「こうしなければならない」と言っていることをそのまま受け取ると自分の健康が損なわれます。

だから、第二の人生の健康は自分で考えなければなりませんが、今まで、あまりにも朝日新聞やNHKが繰り返したフェイク医療が長かったので、それによる錯覚を個人で打破するのは容易ではありません。そこで、ここではやや断定的に、「第二の人生が健康で幸福になるための生活指針」を示したいと思います。

まず第一に、もっとも大切なことは「自分の年齢を忘れること」です。

先日、東京でタクシーに乗って「今日は東京駅まで15分ぐらいですか?」と運転手に言いましたら、「不思議なのですが、お客さんと到着時間を打ち合わせると不思議とその時間につくのです」という奥の深い返事でした。

また、日体大の親しい筋肉の先生が「腹筋をつけるのには、単に運動してもダメで、「自分は腹筋をつけるんだ!と思いながら運動をしなければ腹筋はつかない」と話されていて、まさに人間を支配するのは大脳」であって、体とかチャンスというようなものではないということです。

そこで、「大脳を錯覚させるための化粧が必要です。

  1. 頭が白くなってきたら必ず染める、だらしない髪にしておかない
  2. 男性も皮膚にしわが増えないように工夫をする
  3. 歩き方が老人に見えないように歩幅を広くする、さっそうと歩く
  4. 高齢者のデザインを選ばず、過度に派手ではない服を選ぶ
  5. 身体的・精神的に常に前向きで張り切った状態を保つ

がまずは大切です。

よく考えて、「正常な加齢による変化」と、「遅くしようと思えばできる変化を分けることです。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 武田教授が大胆提言。大脳を錯覚させて「老人化」を防ぐ方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい