三浦瑠麗氏に「投資詐欺の宣伝塔」疑惑。特捜部が夫会社を家宅捜索、過去の“匂わせ”大量発掘で失業危機、テレビ番組降板も?

2023.01.20
28041
by qualia(まぐまぐ編集部)
Lully_Miura_20210321
 

国際政治学者・三浦瑠麗氏(42)の夫が代表を務める投資会社が、東京地検特捜部の家宅捜索を受けていたことがわかった。三浦氏は“ガサ入れ”の事実を認める一方、自身の関与は否定。だがネットでは、三浦瑠麗氏が夫の投資詐欺の「宣伝塔」の役割を果たしていたのではないかとの懸念が広がっている。

【関連】小林よしのり氏が一刀両断。夫ガサ入れ三浦瑠麗が国会で語った「売国」発言の数々

【関連】三浦瑠麗氏も壺なのか?「夫代理人が統一教会のガチ信者弁護士」判明で深まる疑念… “女ほんこん”重用するテレビの責任問う声も

東京地検特捜部がガサ入れ、三浦瑠麗氏は「関与していない」

お騒がせ国際政治学者・三浦瑠麗氏(42)の夫が代表を務める東京・千代田区の投資会社「トライベイキャピタル」が、19日に東京地検特捜部の家宅捜索を受けていたことがわかった。

同社の代表は三浦清志氏。建設の見込みがない太陽光発電所プロジェクトへの出資をもちかけ約10億円の出資金をだまし取ったとして、被害者から刑事告訴されていた。

清志氏は元外交官で、外務省を退職後はマッキンゼー・アンド・カンパニーやベインキャピタルで要職を歴任。その後独立し、現在は複数企業の代表を務めるエリート実業家だ。

三浦瑠麗氏とは東京大学の同窓生で在学中に結婚し、自宅では「きよしくん」と呼ばれているという。

三浦瑠麗氏は20日、夫への“ガサ入れ”について、代表を務める「山猫総合研究所」を通して声明を発表。「一部報道は事実です」と認めた一方で、投資詐欺疑惑に関しては「夫の会社経営には関与しておらず、一切知り得ないこと」として、自身の関与は否定している。

三浦瑠麗氏に囁かれる投資詐欺の「宣伝塔」疑惑

だが、SNS上では報道直後から、三浦瑠麗氏の「山猫総合研究所」と、清志氏の「トライベイキャピタル」の「ただならぬ関係」や、瑠麗氏本人の詐欺事件への関与の有無に注目が集まっており、有志によるさまざまな「検証」が行われている。

まずは両社の住所だ。山猫総合研究所の本店所在地とトライベイキャピタルの東京オフィスの所在地はともに、「東京都千代田区永田町2丁目10-1 永田町山王森ビル1階」で一致。

また、三浦瑠麗氏がSNSに匂わせ投稿した山猫総研の「寿司パーティ」の写真も、トライベイキャピタルと同じ場所で撮影していた可能性が濃厚に。(参考画像:オフィスデザインを手がけたと思われる建築士事務所の仕事実績ページ

さらに、清志氏が代表を務める別の会社の役員に、三浦瑠麗氏の妹が名を連ねていたという情報も出ている。

書類上は別法人とはいえ、両社の極めて近しい関係が浮き彫りとなった格好で、ネットでは、

《これって旦那に寄生して、オフィスを間借りしてるんじゃ?》

《別組織なのに住所は同じ。三浦瑠麗が擁護してた統一教会みたい…》

《三浦瑠麗さんも、太陽光発電にめちゃくちゃ詳しそう》

《旦那の投資詐欺も、パチンコや競馬や酒と同じなんでしょうか?》

《寿司食ってる場合か》

など、三浦瑠麗氏本人の投資詐欺事件への関与を懸念する声が増加しているのが現状だ。

太陽光発電を猛プッシュしていた三浦瑠麗氏

今回、清志氏は太陽光発電所をめぐる出資法違反の疑いで家宅捜索を受けたわけだが、妻の三浦瑠麗氏が事件にどこまで関与していたかについては、今後の捜査の進展を待つ必要があるだろう。

ただ、「三浦瑠麗さんも、太陽光発電にめちゃくちゃ詳しそう」というネット民の指摘にはそれなりの根拠があるようだ。週刊誌記者は次のように説明する。

「三浦瑠麗さんは過去に有識者として、再生可能エネルギー分野における日本の『課題』を挙げ、特に太陽光発電を猛烈プッシュしていたんですよ。今になって思うと、これらの発言は夫の会社への利益誘導、ポジショントークと取られてもやむを得ない面があるでしょうね」(週刊誌記者)

三浦瑠麗氏はいったいどんな発言をしていたのか?

print
いま読まれてます

  • 三浦瑠麗氏に「投資詐欺の宣伝塔」疑惑。特捜部が夫会社を家宅捜索、過去の“匂わせ”大量発掘で失業危機、テレビ番組降板も?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け