年金は使ってしまえ。厚労省課長「回顧録」に記された驚きの真実

 

政治家の年金未納や不適切な記帳問題で露呈する、年金制度の「本質」

ところで、この話には重要なことが出てきます。

それは『将来みんなに支払う時に金が払えなくなったら賦課式にしてしまえばいいのだから……』というくだりです。

年金には積立式」(年金をもらう本人が積み立てて、積み立てた人が受け取る)というのと、「賦課式」(若い人が老人の年金を負担する)という二つの方式があります。インフレがあるので、現実には「賦課式」しか成り立たないのですが、当時の国民は「若い人が払えと言っても納得しないので、「将来、年金を受け取る人が払うという制度にして当面をごまかし、実際には価値がなくなるので、年金制度を一度破綻させるしかないという考えでした。

現実にもそうなって、1990年代に社会保険庁破綻が起こり、メディアがさんざん騒ぎ「年金機構」になって新しく発足しました。制度自体も、支給年齢が65歳になったり、介護保険を年金から天引きされたりと、無茶苦茶になったのです。

メディアでは、年金公団の放漫経営政治家の年金未納5000万人に及ぶ不適切な記帳などが話題になりましたが、実はそれらは「本質を隠すための目くらましに過ぎなかったのです。(続きはご登録の上、お楽しみください)

image by: Shutterstock.com

こちらも必読! 月単位で購入できるバックナンバー

初月無料の定期購読のほか、1ヶ月単位でバックナンバーをご購入いただけます。

2018年6月分

  • 核武装せずに自衛する方法(2018/6/27)
  • 毎日のゴミ出しを楽にする方法(2018/6/20)
  • 温暖化に使う税金を節約する方法(2018/6/13)
  • 官僚がウソをつかない方法(2018/6/6)

2018年6月分のバックナンバーを購入する方はコチラをクリック。1ヶ月分864円(税込)で購入できます。

武田邦彦この著者の記事一覧

東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にてウラン濃縮研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任。現在、テレビ出演等で活躍。メルマガで、原発や環境問題を中心にテレビでは言えない“真実”を発信中。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」 』

【著者】 武田邦彦 【月額】 初月無料・864円(税込) 【発行周期】 毎週水曜日(祝祭日・年末年始を除く)

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 年金は使ってしまえ。厚労省課長「回顧録」に記された驚きの真実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい