金足農業で注目の「農業高校」に今なぜ女子生徒が増えているのか

kawai20180822
 

秋田県勢として103年ぶりに夏の甲子園決勝に進出、惜しくも優勝は逃しましたが、ネット上にはのちに「単なる噂」と判明したものの「おかしな校則」まで拡散するなど、日本中を沸かせた金足農業(かなあしのうぎょう)。その農業高校、全国に350校あまりが存在しますが、女子生徒の割合が年々増加しているというデータを示すのは、健康社会学者の河合薫さん。河合さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』の中で、その背景を紹介しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2018年8月22日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

金足農業と豚と農業女子と。

ヘリコプターから落とされる始球式のボールが球場にちゃんと届くかハラハラし、金足農業の決勝戦進出に熱狂し大阪桐蔭の強さが圧巻だった、高校野球100回記念大会が終わりました。

日本中が熱狂しましたが、秋田県勢として103年ぶりの決勝進出が決まった8月20日の月曜日は、レギュラーで出演している「サキドリ」(文化放送)でも、大々的に特集しました。

番組では金足農業の選手たちが通う、学校すぐ近くの鉄板焼き屋さん「大雅」のご主人や、JA秋田なまはげ農業協同組合営農センターの方に電話をつないだり。秋田出身の文化放送のアナウンサーが「秋田愛」を込めて、秋田こまちやいぶりがっこの美味しい食べ方を教えてくれたり…。

政治や事件ネタが多い報道番組で、こんなにみんながニコニコする放送は滅多にありません。秋田とは全く関係ない私までもが「郷土愛」漂うオンエアに、ワクワクしてしまいました。

純粋さや必死さというのは、こんなにも人間の心を動かすのか、と。夏の終わりに心地よい時間を日本中に提供してくれた金足農業の選手たちに心から感謝! と同時に、圧巻の試合を展開した大阪桐蔭の選手たちにも心から拍手を送りたいです。

で、今回の「裏返しめがね」では、農業高校についてお話ししようと思います。

みなさんご存知のとおり、農業にたずさわる人は年々減少し、歯止めがかからない状況が続いています。

農業就業人口は1985年には542万人いましたが、30年間で6割減少。2015年に農林水産省が行なった調査では209万人。2016年には遂に200万人を割り、192万人まで減少しました。

年齢別では、65歳以上が64%と半数強を占める一方で、39歳以下は7%未満。15~29歳の農業就業人口は6万3,000人で、若い人を増やさないと荒廃農地が増え続けてしまうと懸念されています。

print

  • 金足農業で注目の「農業高校」に今なぜ女子生徒が増えているのか
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け