セブンイレブンが「チンしなくても美味しい弁当」を作った本当の狙い

shutterstock_1144567178
 

コンビニ業界の知られざる裏側を、内情に詳しいライターの日比谷新太さんがレポートする当シリーズ。前回までの駅ナカコンビニ・ニューデイズの歴史に続き、今回取り上げるのはセブンイレブンが発売を始めた「温めなくても美味しい!シリーズ」について。コンビニ弁当はチンして食べるものという、これまでの常識とは逆を行くこれらの商品はなぜ登場したのかを、日比谷さんが詳しく解説しています。

「温めなくても美味しい!」弁当の狙いとは?

コンビニのお弁当といえば、食べる前に電子レンジでチンして温めるのが当たり前といえば当たり前。また最近ではチルド弁当など、温めないと食べられない商品も多くなっています。

そんななか、その真逆ともいえる“温めなくても美味しい”と謳う一風変わったお弁当が登場し、話題となっているのをご存知でしょうか。

セブンイレブンがこの夏から販売を始めている「温めなくても美味しい!」シリーズ。2018年8月下旬の現時点で一部地域にて発売されているのは『温めなくても美味しい!きのこごはん弁当』のみで、少し前までは『温めなくても美味しい!熟成銀鮭幕の内』『温めなくても美味しい!鶏五目ごはん弁当』といったラインナップも存在していたようです。

この「温めなくても美味しい!」シリーズですが、一体どういった思惑で登場したものなのでしょうか。

その狙いのひとつとして考えられるのが、いわゆる「置き弁需要」です。つまり、職場や学校の近くに飲食店や商店がないため、朝の通勤通学時にコンビニに寄って弁当を買い、ランチタイムまで待って食べるという方。それでいて職場などに電子レンジがないという方にとっては、これらはピッタリの商品といえます。

そのいっぽうで、客層ということで考えると、これは「シニア層」向けの商品であるとも言えます。

これまでコンビニ弁当のメイン客層といえば、ブルーワーカーや学生など圧倒的に男性客でした。ところがこの客層が少しずつ減少しはじめたため、コンビニ業界(特にセブンイレブン)は、シニア層・主婦客層を獲得するためのアクションを行っています。実際「温めなくても美味しい!」シリーズの中身を見てみると、若者向けのガッツリメニューというよりも、色とりどりのおかずが揃ったやや渋好みのメニューです。その点もそういった層を意識したものではないかと考えられます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • セブンイレブンが「チンしなくても美味しい弁当」を作った本当の狙い
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい