『この世界の片隅に』監督も共鳴! ひらのりょう新刊発売

2018.09.14
6
by ニシム(まぐまぐ編集部)
koi
 

『この世界の片隅に』監督・片渕須直も共鳴した地球の内側と外側を描き出すエクスペリメンタル・コミック、著者・ひらのりょうFANTASTIC WORLD』(ファンタスティックワールド)第2巻が発売されました。片渕監督は「ひらのさんのアートの力は、現実から遠い彼方を目差しながら、決して大地に触れた足を離さない。」(文:片渕須直 本著刊行記念寄稿文より一部抜粋。)と評されました。早速その幻想的かつ人間的な世界をご覧ください。

main0914

■あらすじ

巨大な化け物が生息する地球内部世界・シャンバラの森で一人静かに暮らしていた“ビコ”、そこに現れた初めての友達“歯ちゃん”。二人は世界を知るために旅に出る。

sub2

舞台は地球内部に広がる新世界・シャンバラ。主人公のビコはシャンバラ唯一の人間生き残り
なぜ世界は美しいのか、 なぜ人は戦うのか、 なぜ恋に落ちるのか。 旅先で出会う人外の生物、 愛を自覚したロボ、 侵略者の人間、 伝説の生物・河童、 そして多民族多様性国家を“水”の分配によって統治を目論む水質管理局とその実質の王・クマ…

sub3

ビコは親友の歯ちゃんと世界を知るために旅に出た。
その旅先で出会った人外生物たちとの交流やトラブルを体験し、社会背景や歴史を知っていく。侵略戦争、 民族紛争、 水の利権争いや差別、新興宗教によるテロリズムなど、 まるでこの地球上の歴史とリンクするような出来事は、 地球の内部でも起こっていた!?

sub4

我々と同じように地球の表皮に生活する人間も登場する。彼女たちは家族も土地も失った女性兵士、手にはAK-47カラシニコフ。

sub5

女性兵士たちは何か目的があって地球内部世界・シャンバラに侵入している。その理由とは…?

sub6主人公のビコは、第2巻で恋に落ちます。その相手はーー!?︎

sub7

ビコと歯ちゃんの旅を通じて、シャンバラに起こる紛争や差別などの社会問題も垣間見れます。これは紛争中に恋に落ちたビコが走り始めるシーン

sub8そして、親友同士のビコと歯ちゃんは…

sub9

はなればなれにーーー。

この後の内容は単行本でご確認ください! 我々の世界に起こっていることと同様のことは、地球内部でも起こっていた!?︎
第18回文化庁メディア芸術祭 マンガ部門 審査委員会推薦作品。『THE BEST MANGA 2017 このマンガを読め!』(フリースタイル刊)第 5位。

sub1

2018年9月15日14時よりヴィレッジヴァンガード ルミネエスト新宿にてサイン会が催されます。

■作品概要

書籍名:FANTASTIC WORLD(ファンタスティックワールド)第2巻
https://amzn.to/2xdL47Z
著者:ひらのりょう
出版社:リイド社
ページ数:264ページ
判型:B5判変型
発行日:2018年9月14日(金曜日)
定価:本体2,980円+税

■著者プロフィール

ひらのりょう
1988年、 埼玉県春日部市生まれ。 多摩美術大学情報デザイン学科卒業。 2010年よりアニメーション作家として国内外数々の賞を受賞。 2014年より、 漫画家として初の連載となる本作をトーチwebで発表。

■連載媒体

トーチweb: http://www.to-ti.in/
アニメーション:ひらのりょう 
http://ryohirano.com/ 
音楽:江本祐介
http://emotoyusuke.com/ 
(C)RYO HIRANO 2018 / foghorn / リイド社(トーチweb)

印刷する

人気のオススメ記事

  • 『この世界の片隅に』監督も共鳴! ひらのりょう新刊発売
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい