帰らない。フラリーマンな夫を直帰させるため家が出来ること

shutterstock_1181978428
 

女性の社会進出が広がりを見せる現在ですが、まだまだ家事のほとんどを女性が行なっているのが現状。実は日本は世界一「夫が家事をしない国」として有名なのです。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、日本に存在する棲息希少種・フラリーマンの「生態」とその対処法について紹介しています。

日本棲息希少種

さて、本日は話題のあの人のお話。早速本題に行きましょう。この数字、どう思われますか。もちろん日本に関する数字です。

  • 18.3パーセント

ちなみにコレ、OECD諸国の中で韓国とともに

  • 最下位

を競っています(T-T)。何が最下位なのかと言えば、そう、

  • 男性の家事分担率

です。

●「日本は世界一「夫が家事をしない国」」(ニューズウィークより)

実に不名誉な記録ですね。じっっっつに不名誉です。これ以外にもいろいろなデータから、家事分担の男女差がヒドすぎると指摘されました。これが数年前のお話です。

そして、最下位に甘んじているのは、男性の

  • 勤務時間が長すぎるから

だという分析がなされ、働き方改革によって勤務時間を短くし

  • 家事分担率を上げよう

としたわけです。

ところが、そうはならなかった! そりゃ、ヨーロッパ並みに短くはなっていないけど、以前よりは早く帰れるようになったにも関わらず男性は真っ直ぐ帰宅せず

  • フラリーマン

になってしまったからです。

NHKで特集されて有名になったこの「フラリーマン」。一応ご存じない方のために簡単に解説しておくと、

  • 仕事が終わったのに
  • 真っ直ぐ帰宅せず
  • フラフラして時間を潰す
  • (とりわけ)男性のこと

です。

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 帰らない。フラリーマンな夫を直帰させるため家が出来ること
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい