【書評】日本人がドイツに住んで判明、まるで似てない2つの文化

1116_creater
 

規律を守る真面目さが日本人とよく似ているとされるドイツの人々ですが、実際には「全く違う」…。今回の無料メルマガ『クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】』では編集長の柴田忠男さんが、ドイツ在住の26歳の日本人女性が「住んでみて初めてわかったドイツ人の素顔」を綴った1冊を紹介しています。

81TSzKh6tlL

日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち
雨宮紫苑・著 新潮社

雨宮紫苑『日本人とドイツ人 比べてみたらどっちもどっち』を読んだ。「20代の若き感性が現地で驚き戸惑い怒り笑いながら綴る、等身大の比較文化論」とカバー折り返しにある。ドイツ在住のフリーライターという肩書きは珍しい。そこがセールスポイントで、わりと評論っぽい部分もある。

働き方や教育といった大きなテーマもあるが、多くはドイツの日常のリアルをライトな筆致で描いている。ドイツには地域差もある。移民も多い。ひとくくりに出来ない。現地で暮らす26歳日本人女子が見聞した範囲内のドイツである。普通の日本人が素朴に抱いているドイツのイメージとは、かなり違っている。

ドイツ人は規則を守る。日本人も規則を守る。ドイツ人が規則を守るのは、日本語的なマジメさゆえではなく、規則を破った人には徹底して厳しく規則を守ることが絶対正義とされているからだ。ドイツでは自分が不利な立場にならないために規則を守るのであって、必ずしも「マジメだから」とは言えない。

ドイツ人は自分を守ってくれる規則が大好きで、知らずに損をしたくないから、知識としていろんな法律を知っていたりする。日本人とドイツ人の共通点としてよく挙げられる「マジメさ」は幻想だ。そしてドイツ人は日本人が勝手に思っているほど、日本にシンパシーを感じていない。日本とドイツは似ていない

印刷する

人気のオススメ記事

  • 【書評】日本人がドイツに住んで判明、まるで似てない2つの文化
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい