米版流行語大賞は「Single use」。使い捨てプラ問題に世界が本気

shutterstock_1168263292
 

年の瀬になると「新語・流行語」が話題にのぼるのは日本だけではないようで、アメリカでは、毎年コリンズ辞書が「今年の言葉」を発表、2018年は「Single use」(使い捨て)が選ばれたそうです。『メルマガ「ニューヨークの遊び方」』の著者でNYに住むりばてぃさんは、今回のメルマガで、プラスチック汚染問題が世界ではどのように受け止められ、どのような対策に向かおうとしているのかを知らせてくれています。

プラスチック汚染問題は来年以降も話題の中心

特集で今年の言葉に「Single use」(使い捨て)が、選ばれたというお話をしたが、そんなに話題になっているの?と思われるかもしれない。ニュースで、スターバックスがストローの使用を止めたとか、海の生き物たちがプラスチックまみれになっているなどなど、衝撃的な写真を見たという人も少なくないだろう。せっかくなので、簡単に世界でどの程度プラスチック汚染が話題なのかみてみようと思う。

まず、今年10月末、300近い国や団体や大手企業がプラスチック廃棄の根絶を目指す世界初となる共同宣言を発表した。これは、インドネシアのバリ島で10月29日~30日まで開催された海洋保全に関する国際会議「アワ・オーシャン・カンファレンス」(Our Ocean Conference、2014年から始まり今年で5回目)での発表で、各国の大企業や政府機関、環境団体など250団体が共同宣言に賛同しているということで各種産業にも大きな影響があるとして話題になっている。

なお、この共同宣言は、国連の環境部隊(UN Environment)とエレン・マッカーサー財団(Ellen MacArthur Foundation)によって推進中の「新プラスチック経済グローバル・コミットメント」(The New Plastics Economy Global Commitment)の一環で、具体的には、2025年までにプラスチックは、再利用またはリサイクルや堆肥化できるもの(all plastic packaging either reusable, recyclable, or compostable)などが宣言内容におり込まれている。

また、不要なプラスチック包装を削減し、かつ、新たに生産するプラスチック量を減らし、再生可能エネルギーを使ったプラスチックの製品化も進めていく他、各団体は進捗状況を毎年データとして公表し、目標設定を毎年、見直すことにも合意しているのだとか。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 米版流行語大賞は「Single use」。使い捨てプラ問題に世界が本気
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい