女性部下からの相談で、思っても口に出してはいけないひと言

shutterstock_1039883494
 

上昇志向の男性と、横並び意識の強い女性では、上司に求める資質や理想像が違います。それぞれの傾向と上手なコミュニケーションの取り方を教えてくれるのは、『佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術』の著者で異性間コミュニケーション講座考案者の佐藤律子さんです。特に女性の部下からの相談された場合のアドバイスは、女性部下を抱える上司にとっては貴重な示唆に富んでいます。

男性部下は上司を「師匠」とする

男性の仕事の目標は、地位、名誉、お金を得ることによって、社会的に出世することです。そんな男性にとって、組織の命令は絶対ですから、たとえ急な転勤や部署移動にも素直に従います。なぜなら、いずれ自分も組織内で権力をつかみ取りたい!と思っているからです。

権力をつかむために、今は権力者(上司)に従う。こうして、男性のわかりやすい上下関係ができあがります。特に、上昇志向の強い男性ほど権力者に気に入られようとふるまいます。

男性は上司の仕事の範囲を「仕事の効率が上がるチームづくり」と考えています。部下に的確な指示を出し、やる気を引き出す。これが上司の仕事です。男性部下は「上司を『師匠』として尊敬しながら、仕事の結果を出す」ことにやりがいを見出しています。

女性部下は上司を「お父さん」とする

女性部下は心のどこかで、上司に「お父さん」や「お兄さん」を求めています。ですから上司の仕事の範囲にプラスして「職場での雰囲気づくりや、部下である私のメンタルケア」までを求めているのです。

これはもしかすると、男性上司には思いも寄らないことかもしれません。上司に身内的な感覚を持つので、仕事や組織に問題が見つかると、上司と「共有したい」と思います。問題解決のためではなく、「共有」だけが目的で上司にホウレンソウしていることが多いのです。女性部下とのコミュニケーションは、「わかっているよ」の共有意識が大事なのです。

男性上司のみなさんは、女性が何かを相談してきたとき「それはムリだろう」と思ったとしても、すぐに口に出してはいけません。まずは「そうか、そうか」と優しく聞いてあげることです。解決できなくても、聞いてもらっただけで女性の不満のほとんどは解消されます。たとえ、ダメだとわかっている場合でも、話をよく聞いて「検討して後ほど報告する」と伝えるだけでよい関係を築くことができます。

他に具体的に何をすればいいのかと言えば、体調を気遣ったり、出張に行ったらお土産を買って来たり。そんなことでいいのです。

異性間コミュニケーションを学んで部下の扱いが得意になりましょう!

image by: shutterstock.com

佐藤律子(婚活スペシャリスト)この著者の記事一覧

婚活スペシャリスト&異性間コミュニケーションの佐藤律子の週一メルマガ。男女間、ビジネス、恋愛、結婚について、ブログや無料メルマガには絶対に書かない本音やとっておきの情報をお届けします。読み続けていただくだけで、男女のコミュニケーションのテクニックが格上げされることは間違いありません。 ご質問のある方はメルマガに記載されているメールアドレスに返信ください。個別相談は有料ですが、一般的な質問はQ&A形式にてメルマガ内にて回答します。

有料メルマガ好評配信中

  無料サンプルはこちらから  

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 佐藤律子の本当は教えたくなかった禁断のモテ術 』

【著者】 佐藤律子(婚活スペシャリスト) 【月額】 初月無料、540円(税込) 【発行周期】 毎週 日曜日

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 女性部下からの相談で、思っても口に出してはいけないひと言
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい