12月14日22時。今年の「ふたご座流星群」は1時間40個の流れ星

 

見える流星の数は、街灯や家の灯りなどに邪魔されず、十分に暗い夜空のもとで観測した場合、最高で1時間に40個程度は見えるのではないか、とされています。
これは「最高の星空」ですから、何かと街の灯りがあって見える星が少ないところでは、それだけ流れ星の数も減ってしまいます。

それでも、ふと見上げる時に流れ星を見るよりはよほど確率高く流れ星を見ることができます。

その時にはせめて、15分20分ぐらいは夜空を見上げていましょう。目が十分に暗闇になれるのに、それぐらいは時間がかかるからです。それぐらい見たら、数個は見えるのでは、と期待できそうです。

今年の夏のペルセ群は月の具合がとても良かったのですが、ふたご群もいい感じです。夜半まで上弦の月はありますが、ふたご座のあたりが高くなる頃には沈んでくれていますので、流れ星を楽しむには十分です。

image by: Shutterstock.com

1日1粒!『幸せのタネ』この著者の記事一覧

「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。 心の土壌に「幸せのタネ」を蒔いているうちに,芽が出て,本葉が広がり,いつしかあなたの人生を楽しく豊かなものにかえていくはずです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 1日1粒!『幸せのタネ』 』

【著者】 1日1粒!『幸せのタネ』 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 12月14日22時。今年の「ふたご座流星群」は1時間40個の流れ星
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい