2月19日は空を見上げよう。今年最も大きく見える満月を見逃すな

shutterstock_1209263776
 

毎月初、その月々の星空の見どころをお知らせしてくださる無料メルマガ『1日1粒!『幸せのタネ』』の著者・須田將昭さん。今月は、須田さんが「なかなかに見どころがある」という2月19日の星たちについて紹介しています。

今月のほしぞら案内(2月)

2月の星空は、とにかく寒い…の一言ですね。ちょっと立ち止まって星空を見上げる…というだけでもしっかりと防寒を。

さて、さて、まずは見やすいもので金星なのですが、1日に月と近づきました。とは言っても実はもうその最接近の時間は過ぎているので、このメルマガを見てからでは、離れてしまっています。遅くなってしまいすみません。

2日の夕方に月と土星が接近したのですが、土星は太陽の方に近いのでその姿を見ることはできませんでした。

今の見頃は、明け方の東の空ですね。木星と金星が輝いています。そこに、先ほど話題にした土星が下旬には加わってきます

2月19日はなかなかに見所ありますよ。

まず明け方。金星と土星が近くに輝いている姿を見ることができます。少し離れて木星も明るく輝いています

外惑星(地球より外側をも回っている惑星たち)の木星や土星の見かけの動きはあまり変わりませんが、内惑星(水星や金星など地球より太陽の内側を回っている惑星)は、1日で大きく見かけの位置が変わります。それで19日の明け方には金星と土星が近づいて見える、ということです。

また2月19日は月が地球に最も近づきます。翌日20日が満月ですが、今年最も大きく見える満月、ということになります。

実際にどのくらい違って見えるのかは、横に小さい時の満月を並べて見るわけではないので、一般にはわからないでしょう。

それでも、いつもより月は近いんだな…と思って見るのは、少しロマンを感じますね。

image by: Shutterstock.com

1日1粒!『幸せのタネ』この著者の記事一覧

「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。 心の土壌に「幸せのタネ」を蒔いているうちに,芽が出て,本葉が広がり,いつしかあなたの人生を楽しく豊かなものにかえていくはずです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 1日1粒!『幸せのタネ』 』

【著者】 1日1粒!『幸せのタネ』 【発行周期】 日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 2月19日は空を見上げよう。今年最も大きく見える満月を見逃すな
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい