【書評】車を捨てよ、町へ出よう。地方衰退の原因は自動車だった

 

道路空間をすべて人に開放する「歩行者天国」という大成功モデルがある。人はこういう賑わいが好きだ。また、車道を削って歩道を広げて人を呼び込んだ京都の四条通りも経済活性化に貢献した大成功モデルだ。地方都市でも一等地からの「クルマの締め出し」が大きな効果を上げている。好例が富山市である。そのレポートの説得力といったら。地方行政関係者たちよ、直ちにここを読め。

つまり「クルマ化社会人々のクルマ依存)」郊外化中心部のシャッター街化)」を深刻化させる。郊外化した街では人々のクルマ依存度が高くなり、地方都市のバスや電車などの公共交通が弱体化する。地方都市の魅力も仕事も減り、人はどんどん流出し、地域の経済社会行政の弱体化に拍車をかける

いま、モータリゼーション、都市の郊外化、地方の衰退、グローバリゼーションの浸透という、最悪のスパイラルが四位一体で展開している。この本は「地方衰退の根源であるクルマを捨てよ」という大胆な発議である。過激な言い方ではあるが、絶対に正しいコンセプトだ。本文中の大事なところはゴチック体で強調している。理論は明解である。そうだ、国家プロジェクト、しよう。

編集長 柴田忠男

image by: Shutterstock.com

日刊デジタルクリエイターズこの著者の記事一覧

デジタルメディアで活躍する現役クリエイターたちのコラムで構成されている本格派。総発行部数約16000! 真のクリエイターを目指している方からデジタルに関わる方まで、すべてに向けて発行中!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 クリエイターへ【日刊デジタルクリエイターズ】 』

【著者】 日刊デジタルクリエイターズ 【発行周期】 ほぼ日刊

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 【書評】車を捨てよ、町へ出よう。地方衰退の原因は自動車だった
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい