申し込み期限は2月28日。国民年金保険料を安く済ませる裏ワザ

 

新規に申し込む人や、他の前納に変える人は2月末までに申し込んで、本来なら4月30日に引き落とされます。ただし平成31年度は4月30日が国民の休日という祝日であり(平成最後だから祝日)、その後も5月6日まで祝日が続くので引き落としは5月7日であります。5月1日は天皇即位の日としての祝日、5月2日は国民の休日で祝日となっています。3、4、5日はいつもの祝日で6日は振替休日。5月1日から新しい元号と新しい天皇陛下の誕生ですね^^

というわけで、口座振替で申し込みたい人は2月末までに市役所か年金事務所で申し込みをお願いします(郵送でもできるからまず電話しましょう)。既に前年度とかに1年前納を申込んで引き落とされており、そのまま平成31年度も同じ1年前納で引き落としてほしい人は別途申し込みは必要ありません。なお、引き落とされる1週間前くらいに引き落としの通知が来ます。

あと、気を付ける事としては先ほど、例えば1年前納だったら192,790円でしたよね。つまり平成31年4月分から平成32年3月分までの12か月分の保険料額です。でも今まで毎月国民年金保険料を納付していた人は、この金額に平成31年3月分の国民年金保険料16,340円が上乗せされます。よって平成31年5月7日に引き落とされる金額は192,790円+平成31年3月分の保険料16,340円=209,130円の引き落としになるので注意。なぜかというと、毎月の国民年金保険料はその月の保険料は翌月末までが納付期限だから、3月分も一緒に引き落とされる。


注意

国民年金保険料を納付書で毎月納付(翌月末までの納付のやつ)していた人は、引き落としまでに納付していれば前納引き落とし時に3月分をまとめて引き落としにはならない。しかし、引き落としの処理上、かなりギリギリになって3月分の保険料を納めると3月分の保険料を二重に納めるような事もある。その場合は納めすぎた保険料を還付請求となる。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 申し込み期限は2月28日。国民年金保険料を安く済ませる裏ワザ
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい