根拠なき「コレは売れる」が、その商品の価値を落としている

shutterstock_540530923
 

自社製品へのこだわりや思い入れが強い経営者の方々が陥りがちなのが、「売れるに違いない」という根拠のない自信を持ってしまうことだといいます。その思い込みからドツボにハマってしまう企業も多いとするのは、人気コンサルタントの中久保浩平さん。中久保さんは今回の無料メルマガ『ビジネス真実践』で、その迷宮からの脱出方法を記しています。

売れると思っているのは本人だけ

ご相談を受けるクライアントには非常に自社製品への思い入れが強い経営者が結構います。ま、当たり前といえば当たり前なのですが…。

そして、自社の製品やサービスにこだわりや思い入れが強い人の中には、「よし、これなら売れるぞ」「売れるに違いない」など、根拠の無い自信を持った人も少なくありません。

ですが、悲しいかな現実はそんなに甘くない!ということを直ぐに思い知らされます。そして、あの手この手で商品、サービスを販売していくことを考えていくのですが、それでもやっぱり上手く行かず返り討ちに遭います

誰でも自社で販売する商品やサービスがたくさん売れて欲しいと願い、試行錯誤しています。当然、ライバル会社も同じように試行錯誤を繰り返します。そして、みな同じように「どうしてこんなに色々と考え、工夫を重ねているのに売れないんだろう?」「一度手にとってもらえればきっと良い商品だと思ってもらえるはずなんだけど…」など、迷宮に入りこんでしまうのです。

ではどうすれば迷宮に入らずに済むのか?迷宮から脱することができるのか?

それはもう、どれだけ思い入れや自信があっても「これは売れる」「売れるに間違いないという思い込みを疑うことです。

これほんとに売れるの?」「この商品でほんとに大丈夫?

こうした疑いから、今まで見えていなかったほんのわずかな部分でも商品の改良点を発掘し改善することができクオリティを高めたり、あるいは、パッケージやコピーを含め販売方法を見直すヒントを掴むことができます。

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 根拠なき「コレは売れる」が、その商品の価値を落としている
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい