「加速の罠」にハマった平成の30年間。日本人は幸せだったのか?

shutterstock_1177905484
 

グローバル化の波に翻弄され、働く人々すべてが疲れ切ってしまったと言っても過言ではない現代日本。戦争がなく平和ではありましたが、経済面ではどん底を味わったとも言える平成とは一体どんな時代だったのでしょうか。健康社会学者の河合薫さんが自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、この30年間を職場環境の面から振り返り総括しています。

※本記事は有料メルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』2019年4月24日号の一部抜粋です。ご興味をお持ちの方はぜひこの機会にバックナンバー含め初月無料のお試し購読をどうぞ。

プロフィール:河合薫(かわい・かおる)
健康社会学者(Ph.D.,保健学)、気象予報士。東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。ANA国際線CAを経たのち、気象予報士として「ニュースステーション」などに出演。2007年に博士号(Ph.D)取得後は、産業ストレスを専門に調査研究を進めている。主な著書に、同メルマガの連載を元にした『他人をバカにしたがる男たち』(日経プレミアムシリーズ)など多数。

「加速の罠」にはまった平成の30年間

さまざまなメディアで「平成30年間を振り返る」的ネタを発信しているのですが、今週の「裏返しメガネ」も平成最後です(笑)。

というわけで、他では発信していない「平成という時代」について書き綴ります。

職場環境がいかに変化したかは、平成初期に実施された大規模調査と共に日経ビジネスデジタルに書きましたが、やはり忘れてはならないのは高度成長期の産物ともいえる「過労死」「過労自殺に真正面から向き合うことが平成の30年間でできなかったという悲しい事実です。

●「平成初期の中年男の悲鳴が予言していた『日本の自殺』」日経ビジネス

何度も書いているとおり「長時間労働を削減するだけでは過労自殺は防げませんし、平成時代の長時間労働は「質的に昭和時代より苦しいものとなっていきました。

その大きな要因の一つに「スピード」があると私は考えています。

平成の後半は“グローバル”という経済用語が、私たちの働き方にまで侵食。競争は激化し、企業環境は複雑さを増しました。企業は事業活動の数を増やし業績目標を高く設定しました。

山一證券の倒産以降、これ以上「省けるものはない」というくらい無駄を省き生産性向上に努めてきた企業は、さらに生産性にこだわりスピードを重視。こういった取り組みは短期的な競争には効果的なので、企業の業績は一時的に向上します。

しかしながら「スピード重視の文化」を継続的に進めていると、やがて従業員のエネルギーは消耗し、やる気が失せ、結果的に一人当たりの生産性は鈍化。すると、企業は社員へのプレッシャーを強め、より労働者たちを疲弊させ、うつ病になったり身体を壊すを量産。残った人たちの負担は増え、労働者は疲れ果て、「生産性が下がる」という悪循環に陥ります

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    ねぇアタシって何点?知っておきたい、自分の将来の「可能性」
    (株式会社J.Score)
  • 「加速の罠」にハマった平成の30年間。日本人は幸せだったのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい