鍼灸師が教える、春から初夏に起こりやすい「疲れのマヒ」対処法

shutterstock_270115841 (1)
 

春から初夏、それまで寒さで縮こまっていたカラダは、緊張を緩ませ、伸び伸びしたがっています。ところが、忙しさなどで寝不足や緊張状態が続くと、「マヒ」というカラダのストライキを起こすそうです。メルマガ『鍼灸師・のぶ先生の「カラダ暦♪」』の著者、のぶ先生が、そんなストライキが起こってしまったときの対処法を教えてくれます。

疲れのマヒ

【疲れがたまるとおこりやすい症状】

春から初夏にかけて、日本人のスケジュールは慌ただしく進みます。精神的にも疲労しますし、忙しさにかまけて寝不足などが続くと、肉体疲労が蓄積して、神経系統や内臓機能にまで負担がかかり続けます。

本来、春から初夏にかけて、人のカラダはゆるみ伸び伸びしたがっていますが、季節に逆行して緊張し縮こまる生活をしていると、カラダはストライキをおこします。そんなカラダのストライキ症状の一つがマヒです。

【マヒはカラダのストライキ】

医学的に麻痺というと、しびれや痛み、硬直や弛緩、感覚異常が伴うこともあります。また、原因も様々ですし、ひとくくりに扱えるものではありません。

ここで取り扱う季節とコンディションのギャップと疲労の蓄積によるマヒは、疲れたカラダが季節に適応できず、極端な機能低下をおこした症状としてご紹介します。

季節的にゆるみたいカラダは、そもそも弛緩しやすいコンディションにあります。生理的に弛緩して伸び伸びする分には、何も問題ありませんし、そもそも、伸び伸びするのが本来の姿です。

ところが、季節にかなったカラダ作りをしようとゆるむカラダに、日常生活の忙しさ、あわただしさによる精神的緊張と、肉体的ストレスによる疲労の蓄積があると、一時的に緊張してがんばるカラダも、緊張疲れがキャパを超えた時点で、「極端な弛緩=マヒ」症状をおこすわけです。

春から初夏の陽気がよくなる時、顔面神経麻痺症状をおこす人が増えます。原因はさまざまですが、東洋医学的には、本来ゆるみやすいコンディションで疲労がたまることで、「ゆるみすぎる=適度な緊張を保つことができない」症状をおこすわけですね。

print

  • 鍼灸師が教える、春から初夏に起こりやすい「疲れのマヒ」対処法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け