戦争などもっての外。現時点で最良な北方領土問題を解決する方法

 

日本政府は、再び正しい方向にむかいはじめた

では、具体的に日ロ関係をよくするためには、どうすればいいのでしょうか?
これ、簡単です。

日ロ関係には、単純な法則性」がある。つまり、「島の話をすると日ロ関係は悪化する」。なぜ?ロシアは、北方4島を実効支配し、現状に満足している。正直いえば、4島も2島も返したくないのです。誰が「戦争で奪った島を返したい」と思うでしょうか?

そして、「金儲けの話をすると日ロ関係は改善される」。これ、メチャクチャはっきりしています。ロシアは金儲けがしたいのです。だから、日本もロシアも儲かる話をすべきなのです。すると、とたんに日ロ関係はよくなります。

この話、以前にもしました。そうすべきであると。RPEで書いたからかわかりませんが、日本政府、少し変わったようです。

日露間の当面の焦点は共同経済活動に戻っており、海産物の共同養殖など5分野に取り組むことで基本合意している。また、日本の事業者らが北方四島を訪れる際の「移動の枠組み」についても話し合い、今月20、21日に関連する作業部会を開くことで一致した。
(同上)

まことに「正しい」方向性です。

日本は第2次大戦で、「大戦略不在で負けました。なんと、「アメリカが主敵」か「ソ連が主敵」か決まっていなかった。今回は、「中国が主敵で決まっています。そうであるなら、勝つために、「北方領土問題は棚上げしてもいい。

ところが、第2次大戦前、戦中もそうでしたが、日本政府は揺れるのですね。なぜ米中覇権戦争が本格化した時に日中関係を劇的に改善させているのか????????アメリカから見ると、「信用できない裏切り国」に見えます。安倍総理は、

  • 日米関係 > 日ロ関係 > 日中関係

という優先順位を決して忘れることなく、日本を「戦勝国の一員」にしていただきたいと思います。

憲法改正もいいですが、日本が「敗戦国」から「戦勝国に転換される。それこそが、まさに「歴史的」。そうなってこそ、我が国の「自虐史観根本的に消滅します。

安倍総理が、真に歴史に名を残すのは、「敗戦国だった日本を、戦勝国にした」時です。

image by: Twitter(@河野太郎)

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • 戦争などもっての外。現時点で最良な北方領土問題を解決する方法
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい