川崎市登戸で20人刺され2人死亡。自死した岩崎隆一容疑者の暮らしぶり

2019.05.28
493
by gyouza(まぐまぐ編集部)
6308747569_5b85573e43_o
 

28日午前7時41分ごろ、川崎市登戸の登戸駅近く(登戸新町375)の登戸第一公園付近で、川崎市麻生区多摩美に住む岩崎隆一容疑者(51)に「複数人が刺された」と通報があり、NHKの報道によるとカリタス小学校に通う女子小学生を含む20人が負傷したという。うち小学校6年生の栗林華子さん(11、多摩市)が同日午前10時27分に死亡、外務省職員の小山智史さん(39、世田谷区)も11時25分に死亡が確認されたという。NHKや毎日新聞など複数のメディアが速報で伝えた。

現場付近では刺身包丁が2本見つかった。のちに岩崎容疑者のリュックの中から包丁のような刃物2本が見つかったことが分かり、計4本を所持していたことも判明している。報道によると岩崎容疑者は両手に刺身包丁を持っていたとし、近くのコンビエンスストアの前から包丁を両手に持った状態で数人を刺したあと80mほど徒歩で移動し、スクールバスの到着を待っていたカリタス小学校の女子児童の列へ包丁を振り回し、生徒らを複数人刺したという。運転手が「何をやっているんだ」と叫んだところ、岩崎容疑者は後方に数十メートル逃げた後、自身の首を刺して、その後、搬送先の病院で死亡が確認されたという。また、別の報道によると運転手は「バス停に停車しようとしたら、子供のギャッという声がして、路上に何人か倒れていた」とも話していたという。

小学館の発行する雑誌「週刊ポスト」は「NEWSポストセブン」のツイッターアカウントで新しい記事をつぶやき、麻生区に住んでいた岩崎容疑者の自宅に電話したとして、親族と思われる人物とのやり取りを掲載している。

報道によると岩崎容疑者は、80代の伯父夫婦と川崎市麻生区多摩美にある一軒家に3人暮らしだったという。すでに小学校入学前後には伯父夫婦に引き取られていたとし、近隣では複雑な家庭環境だったことで知られていた。また1年前には隣家と庭の木をめぐってトラブルとなり、午前6時にインターフォンを鳴らして訪問し口論になったこともあるという。小中学校の同級生によると「昔は、突然ブチ切れる性格だった」と語っていた。10代後半で家を出たものの、近年また伯父夫婦と一緒に暮らし始めていたという。


事件現場は、容疑者の自宅から4kmほど離れたJR線・小田急線登戸駅から北西250メートルのマンション街。(随時更新)

Googleストリートビューより

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: 4sq.com/tflWlA, Flickr

印刷する

人気のオススメ記事

  • 川崎市登戸で20人刺され2人死亡。自死した岩崎隆一容疑者の暮らしぶり
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい