このままではアジアに負ける。欧州がEUを作った恐ろしい真の理由

shutterstock_1408534265
 

グローバリゼーションの進行により、好むと好まざるとにかかわらず「運命共同体」の様相を呈する各国。とは言えその関係性は決して平等なものではなく、特に大航海時代以来世界を「支配」してきた欧州諸国は、優位性を保つためあらゆる手段を講じているようです。中部大学教授の武田邦彦さんは自身のメルマガ『武田邦彦メールマガジン「テレビが伝えない真実」』で、あまり語られることのない「ヨーロッパがEUを作った真の理由」を考察しています。

日本も他人事ではない、激動のヨーロッパが世界に与える影響

世界は激変していて、その影響は近いうちに日本人にも直接的に及んでくると思います。2009年にアメリカのリーマンブラザーズという聞いたこともない会社がつぶれたというので、日本の会社は仕事を失ったことがありました。

冗談じゃない!と叫びたくなります。毎日まじめに働いているのに、世界のどこかで何かが起こったからと言って生活が脅かされるというのはどういうことでしょうか。お金の流れや企業同士の関係が本来の経済活動から遠く離れていることからくる異常ですが、それが現実なのですから、将来は改善されるにしても、当面は世界情勢をよくよく見ておく必要があります。

その目的で、今、激動中の世界を少しまぐまぐをお借りして整理をしてみたいと思います。第1回はヨーロッパ、とくに最近行われたEU欧州議会の選挙に焦点を当てます。

EUは、EU理事会(上院にあたる。各国政府が選出した代表者で構成)、欧州議会(下院。各国で行われた欧州選挙で割り当て人数の議員で構成)、EU委員会(官僚組織)で構成されますが、議会の権限が小さく、現実的にはEU委員会が法案の提出権を持っているので、ほぼEU委員会に支配されているといって良いでしょう。つまり各国が選挙した議会は法案を提出できず、官僚が提出した議案を審議しているだけなので、EUの権限が強くなると各国の主権が失われることになります。これが各国の不安を増幅させるもとになっています。

今年の選挙はその不満が一気に噴き出し、イギリスの選出議員は政権を持っている保守党、二大政党の労働党が大敗し、ブレグジット党が第1位、自由党が実質第2位、保守党は左翼のみどりの党にも敗れて第5党に転落しました。フランスも女性党首ルペン率いる国民連合が首位になりました。

全体の議員構成はそれほど大きく変化せず、反EU勢力が5分の1から3分の1になった程度ですが、インパクトは大きく、今後EU委員会が各国主権や難民問題でEUの利害を優先するとEUが急激に弱体化することが予想されます。

さて、今回の目的はEU選挙そのものではなく、なぜヨーロッパはEUを作ったか(作らざるを得なかったのか)を考えてみたいと思います。

印刷する

人気のオススメ記事

  • このままではアジアに負ける。欧州がEUを作った恐ろしい真の理由
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい