韓国大統領が日本へ対話による解決呼びかけ。ネット上に批判殺到

2019.08.15
285
by gyouza(まぐまぐ編集部)
shutterstock_1425776201
 

韓国の文在寅大統領が15日、日本の植民地支配からの解放を記念する「光復節」の記念式典で演説し、「今でも日本が対話と協力の道に出たら、私たちは喜んで手を取る。公正に交易して協力する東アジアを共に作っていく」と言及、輸出管理強化を巡る日本との関係悪化を念頭に対話による解決を呼びかけたと、毎日新聞日本経済新聞などが報じた。日本のネットでは、文大統領へ批判の声が多く挙がっている。

輸出管理の優遇対象国「ホワイト国」からの除外の応酬合戦となり、悪化の一途を辿っている日韓関係。低迷する支持率回復を狙う目的として「反日」カードを使っていると内外から批判されている文大統領だが、ここにきて「対話」という言葉を持ち出したことに、経済的な打撃を最小限に食い止めたい焦りが見えてきた。この発言に対して、日本のネット上では韓国と文大統領への批判が殺到。「なぜ上から目線?」「対話って一方的なもの?」「図々しい」など、さまざまな批判的意見が投稿されている。

Twitter上の反応








※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

source: 毎日新聞日本経済新聞

image by: Liv Oeian / Shutterstock.com

印刷する

人気のオススメ記事

  • 韓国大統領が日本へ対話による解決呼びかけ。ネット上に批判殺到
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい