日韓関係さらに悪化必至。「玉ねぎ男」の法相任命がもたらす窮地

kp20190910
 

9月9日、韓国世論の反発が高まる中、文在寅大統領はヂョ・クク氏を、予定通り韓国法務部長官に正式任命しました。今回の無料メルマガ『キムチパワー』では韓国在住歴31年の日本人著者が、国内の猛反発を無視した今回の文政権の強行姿勢に懸念を示すと共に、ヂョ・クク氏を特別視せずに強制捜査の構えをみせる現在の検察庁総長についても紹介しています。

ヂョ・クク(曹国)事態、長引く

8月中旬ごろからはじまったヂョ・クク(曹国)事態は今現在も毎日トップニュースだ。日本でもかなり報道されたようなので、この人の容貌とか性格などについては皆さんのほうがもう筆者よりも詳しいかもしれない。韓国の役人はハンサムだね、なんていう声が日本のおばさん連中からあがっているという話もこちらでは聞こえている。

ヂョ・クク氏は現在、韓国の法務部の長官日本で言えば法務相)に任命されることを待つ立場。大統領が任命すれば彼が法務相となる。本来は9月6日ごろに任命の予定だったのだけれど、いまのこの騒ぎ。さすがに文大統領も様子を見ている感じだ。

娘の論文問題からはじまり、奨学金の不正受給、ある大学からの偽造表彰状問題、ファンド投資問題などなど。ヂョ・クク自身は(多くの問題で)直接の関与はないのかもしれないが、それは法を知り尽くした者の方便のようにも筆者には思われる。

何も知らなかった

この一言ですべての問題を乗り切るつもりのようだ。とくにきのう、きょうのニュースは、韓国にある東洋大学(ドンヤンデ)の総長賞を、同大学に勤めているヂョ・クク氏の奥さんであるジョン・ギョンシムという教授が娘のために偽造して総長のハンコも押して総長賞を授与されたことになっている問題。東洋大の総長であるチェ・ソンヘ総長はそんな賞は出した覚えはないとはっきり言っている。9月4日に、ヂョクク(曹国)の妻であるジョン・ギョンシム教授が電話で言ってきたという。

「総長賞の授与は、自分(ジョン・ギョンシム)に委任したと言ってください」

こういう証言をしてほしいと電話で言ってきたというのだ。そうすれば、すべてがうまくいくと。電話はすぐに夫のヂョ・クク氏がかわってでてきてあれこれいろいろと言ってきたという。今朝の朝鮮日報の報道によると、電話でかわってでてきたヂョ・クク氏が「(総長賞を)委任したという報道資料を作成してほしい。頼む」と言ってきた。

実は、東洋大の総長であるチェ・ソンヘ氏とヂョ・クク家族とは、何回か食事もしたことのある関係だったようだ。ある共通の友人を通して知り合い、ヂョ・ククと妻のジョン・ギョンシムと娘との4人で食事をしたことがあるということ。
だから娘のこともよく知っていたわけだ。ヂョ・クク氏は、最後に「わたしたちの娘もよくご存知じゃないですか。娘のためにも、報道資料の作成、お願いします」と言ってきたのだ。これにはチェ総長も心が動かされて夜は一睡もできなかったという。ヂョ・クク氏夫妻の娘は、チェ総長から見てもほんとうに優しくてきれいなのだ。しかしいくら心が動かされたといっても、嘘の頼みを聞き入れるわけにはいかない。少なくとも総長も教育者だ。嘘を強要されてそのままうんと言ってしまったのでは、学生たちをどんな顔で教えていくのか。嘘の証言はしないことに腹を決める

ヂ・ョクク事態が東洋大にまで飛び火し、きのう、今日は前述の通り表彰状の偽造が核心争点になってしまっている。チェ総長自身もこれには驚いている

「全く予想できなかった。検察が強制捜索する前で、連絡が取れなかったジョン・ギョンシム教授から電話がかかってきた。私(チェ総長)が『状況が複雑になっていて授業をどうするのか』と尋ねると、『1週間の休講をして、補強計画書を出した』とジョン・ギョンシム教授が答えた。そして、『私(ジョン・ギョンシム教授)がウンドン(熊東)学院の理事を務めていた時、検察が資料を要求したが一つも提出しなかった。そうしても何の問題もなかった。だから検察から要求があっても学校にある私(ジョン・ギョンシム教授)に関する書類を提出しないでほしい。提出したら総長にとっても不利になることもある』と言った。これはひどく不愉快だった」とチェ総長は振り返る。

チェ総長は、ヂョ・クク夫妻の娘の表彰状は100%偽造だと確信している。検察で参考人調査を受ける時、表彰状のコピーを見た。もっともらしいが、賞状の一連番号が異なり、これまでそのような様式の表彰状が発給されたことはなかった。ジョン・ギョンシム教授が純粋に自分の娘のスペックのために操作した表彰状だ、という確信はゆるがない。

印刷する

人気のオススメ記事

  • 日韓関係さらに悪化必至。「玉ねぎ男」の法相任命がもたらす窮地
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい