日本の女性を「冷え」から守れ。体調を崩す前にしておくべきこと

shutterstock_364567580
 

あれだけ暑い日が続いたと思ったら、突然の寒さの到来。そんな季節の変わり目に体調を崩さないようにするには、「体の冷え」に注意を払ったほうがいいようです。今回の無料メルマガ『システマティックな「ま、いっか」家事術』では著者の真井花さんが、とくに女性を悩ませる「冷え症」についての具体的な対策を紹介しています。

寒くなってきた…

さて、本日は先手のお話

10月は記録的な暑さだとか言っていましたが、さすがに寒くなってきました。

それでなくても日本人の特に女性身体はとても冷えていると言われています。内側も外側も冷えているんですよ。

とりわけ猛暑がひどくなってきている昨今は、夏に容赦なく

  • 薄着
  • 冷たいモノガブ飲み

ですよね。知り合いの漢方の先生に言わせると「健康でいられるわけねーだろ」な状態らしいです( ̄∇ ̄)。ま、冷えは万病の元と言いますからね。

この夏の間の無防備な冷えが本格的に寒くなってくる秋に

  • 体調ダダ下がり(;。;)

になって現れてしまうんですよ。

とはいえ、夏の間の無防備さは今さらいかんとも為しがたい。ここはこれ以上の冷えを防ぐしかありません。そのためには、とにかくまず

  • 冷たいモノを飲まない

ことです。あ、ちなみにここで言う「冷たい」の定義は

  • 体温より低い

ことですからね。かーーーなり厳しい定義ですよね。この定義によれば

  • 常温のモノも冷たいに分類

されることになるんですよ。意識的に温かいものを飲んでください。その覚悟でいても、ちょっとくらい冷たいものを飲んじゃうから。

で、どうしてもどうしても冷たいものが飲みたい場合には

  • 極少量

を飲むようにしましょう。

え?それじゃモノ足りない?うーん、その冷たいものを過剰に欲すること自体ドコかしらマズいんじゃないかと思いますよ…。実際に試してみれば納得してもらえると思いますが、冷たいものが美味しいのは一口か二口、多くても三口めくらいまでです。ビールなんて、ホントそんな感じでしょ?あとはなんとなく飲んでいるだけですよ。

なので、大きなボトルや缶を開けない。グラスに出して少量ずつ飲んでみてください。大きなボトルや缶を開けてしまったら飲み干さない。残す!!そのくらいの飲み物は、捨てましょう。あなたの健康の方が大切ですから。

もうひとつは

  • 大椎・下丹田を温める

です。えーと、大椎っていうのは

  • 首筋の衿があたる部分でボコッした骨の下

です。陽気のスイッチがあるといわれている場所でです。

もうひとつ、下丹田。これは

  • おへそから三寸くらい下

です。ここは身体を健康にするツボとして有名で、瞑想するときなどここに意識を集中すると良いとされています。

この二箇所を意識的に温めます冷えていれば小さめのカイロを貼りましょう。そこまでしなくてもいいなら首には薄手のストールなどを巻いたり、下丹田には手を当てるだけでも違いますよ。

冷えてる。とにかく冷えてるの。冷たいモノを避けて大椎と下丹田を温めて。秋から冬への移り変わりを健康に過ごしましょう。

image by: Shutterstock.com

真井花(まないはな)この著者の記事一覧

食べるのは大好きだけど、作るのは超苦手。棚拭きとアイロンがけが何より嫌い。そんな家事オンチだった私がソレナリに家事をこなせるようになったワケ。家事全体を見渡して、最小の手間で最大のリターンを得る、具体的なシステムをお知らせするメールマガジンです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 システマティックな「ま、いっか」家事術 』

【著者】 真井花(まないはな) 【発行周期】 週3回(月水金)刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 日本の女性を「冷え」から守れ。体調を崩す前にしておくべきこと
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい