ふと見上げると明るい2つの星。木星と金星のランデブーは11月末

shutterstock_1390731374
 

秋もすっかり深まり朝晩の冷え込みも厳しくなってきましたが、同時に空気も澄んで天体観測にはもってこいの時期が巡ってきました。今回の無料メルマガ『1日1粒!『幸せのタネ』』では著者の須田将昭さんが、11月の星空について解説。おうし座流星群や木星と金星の接近など、今月も見どころ満載のようです。

今月のほしぞら案内(11月)

夏はひたすら「月と木星・土星が近づきます」ということを書き続けてきましたが、木星もそろそろシーズン終了。西の空低くになって観望には適さない時期となってきました。土星はまだかろうじてみられますね。

6日の水曜日にはおうし座流星群が極大を迎えます。おうし座は、すばる(プレヤデス星団)があるので、だいたいあの辺だ、というのはわかりやすい星座ではないでしょうか。目立ってたくさんの流星が流れるタイプではないのですが、火球とても明るい流星がよくみられるとされているので、月明かりに邪魔されないほどの明るい流星に出会えるかもしれませんね。

今月の一番のおすすめは、下旬の連休ごろに見られる木星と金星の接近でしょうか。上にも書きましたが、木星はどんどん西に傾いていて、日が沈む頃には西の空低くに輝いています。一方、金星が徐々に高度を上げてきます。宵の明星ですね。一番星としてすぐに見つけられるかもしれません。マイナス4等級。

日の入り30分後ぐらいの、まだほの明るい時間帯で高度が10度ほどしかないので、西の空が開けたところでないと厳しいのですが、木星がマイナス2等、金星がマイナス4等とひときわ明るい二つの星が近くにあれば、見つけること自体はたやすいのではないかと思います。

一番近づくのが24日ですが、23日、24日、25日と連続してみていると、木星と金星の位置関係がすれ違っていくのを確認できるはずです。

この手のランデブーは、空が見えていれば、特別な機材がなくても見られるのがいいですね。一瞬で終わる現象でもないので、ふと空を眺めて「あ、そうか、今日は月と土星が近いんだった」という感じでもみられます。待ち構えていなくても良い。

また、特に星に興味がない人でも明るい星がふたつ並んでいると気になる、ということもあります。「あれなんやろ?」と2人、3人と空を見上げて話をされているのに出くわすことがあります(駅から出た時など)。そんな時にそっと「あれが金星で、こちらが木星ですよ」なんて教えてあげられるかもしれませんし、ぜひ教えてあげてください。

一緒に星を愛でたい冬の空です。

image by: Shutterstock.com

1日1粒!『幸せのタネ』この著者の記事一覧

「楽しく豊かな人生」を送るために役立つさまざまな気づきを,「学び」をキーワードに「幸せのタネ」として毎日お届けします。 心の土壌に「幸せのタネ」を蒔いているうちに,芽が出て,本葉が広がり,いつしかあなたの人生を楽しく豊かなものにかえていくはずです。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 1日1粒!『幸せのタネ』 』

【著者】 1日1粒!『幸せのタネ』 【発行周期】 日刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • ふと見上げると明るい2つの星。木星と金星のランデブーは11月末
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい