科学者が勧める、ガッチリ太っている人が痩せるための「食事法」

shutterstock_498825007
 

「肥満を解消してスマートな体になりたい」と、一念発起してダイエットにチャレンジするものの結局は挫折…、そんな方も少なくないと思われます。何か良い方法はないものなのでしょうか。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では著者で科学者のくられさんが、ムリなく上手に痩せるための食事法について、科学的な分析を交えつつわかりやすく解説しています。

食事量の減らし方

ダーイエットは明日からぁ~♪

というわけで今回は痩せるための食事量の減らし方についてです。

そもそもダイエットとは、食事習慣の矯正のことであって、短期的に痩せるという意味ではないんですが、そういう言葉尻をとってもしかたありません。

とりあえずガッチリ太っている人限定で痩せるには運動の前に食事制限が必要なんですが、それがどうして難しいのでしょう?

まず、急激に極端な食事量を減らすこと。これが過肥満の人には一番良くないです。

これは体の満腹中枢の働きがおかしくなっていて、空腹と感じやすくなっている状態の人が急激に減らすと強い空腹が起こりこれはかなり辛くてその反動で食べ過ぎてしまう…みたいな話があります。

それ以上にこの空腹ストレスというのは体脂肪を増やしやすい体になるという研究もあり、いっぱい食べていたのに急激に食物が減ってしまうことで、今度はエネルギーを蓄えておこう…と脂肪増加準備態勢になってしまう…といわれています。

そこで、急激に食事制限をせずに、まずは少しだけ食事を減らす。その状態が違和感なくなるくらいに時間をかけます。

例えばそれが1週間なのか半年なのかは人それぞれです。そして3食の食事以外の間食やおやつもしっかりとカロリーがあるわけですからこれらの内容を改めましょう

いきなり間食ゼロもこれまたストレスが大きいので、今までポテチをバリバリたべていたのであれば、バナナやゆで卵ちくわなどの炭水化物や油分の少ないものを使うといいでしょう。

自分も一時、間食をバナナとポン菓子とちくわ、味噌汁(インスタント)に限定していたときがあり、結果的に1日に2食くらいになっています。

まぁ最近はあまりの仕事のストレスで多少ムシャムシャしてます(笑)。

● アリエナイ理科ポータルのこの記事をお読みになりたい場合は、こちら

image by: Shutterstock.com

くられこの著者の記事一覧

シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 アリエナイ科学メルマ 』

【著者】 くられ 【発行周期】 週刊

印刷する

文中に紹介されている価格については、掲載日時点のものとなります。実際の価格は購入先ページでご確認ください。

人気のオススメ記事

  • 科学者が勧める、ガッチリ太っている人が痩せるための「食事法」
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい