「中国に戻れば死刑」豪へ逃げた中国人スパイが暴露する衝撃事実

shutterstock_1353005396
 

11月23日、香港、台湾、豪州で中国のスパイとして活動したという人物が豪州当局に政治亡命を申請すると共に、そのスパイ活動の内容や資金源など微細な情報を提供したことが報じられました。これを受け、国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんは自身の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』で、件の人物が命と引き換えに中国当局の内部情報を暴露した意図等を考察するとともに、深い闇を抱えた国家の元首の「国賓来日」については「絶対にやめるべき」としています。

暴露される中国スパイ活動の中身

先日、「ウイグル族弾圧に関する中国政府の内部文書が流出した」という話をしました。まだ読んでない方はこちら。

中国にクーデターの前兆か。政権内の反習近平派が流した内部文書

今度は、中国人スパイがオーストラリアに亡命を申請し自分がしてきたスパイ活動について暴露しています。

中国から亡命希望の元スパイ、豪に膨大な情報を提供報道

11/23(土)12:50配信

 

【AFP=時事】香港と台湾、オーストラリアで中国のスパイ活動に関わっていた男性がオーストラリアへの亡命を希望し、中国の政治干渉活動に関する膨大な情報を豪当局に提供していたことが分かった。豪メディアが23日、伝えた。

中国の政治活動に関する膨大な情報を提供」だそうです。ドキドキですね。いったいその人物は、何者なのでしょうか?どんな情報を提供したのでしょうか?

豪メディア大手ナイン(Nine)系列の複数の新聞によると、亡命を希望しているのは、「威廉王(William)」こと王力強(Wang Liqiang)氏。王氏はオーストラリアの防諜(ぼうちょう)機関に対し、香港で活動する中国軍の情報将校の身元と、香港と台湾、オーストラリアで行われている活動の内容と資金源に関する詳細な情報を提供した。
(同上)

  • 香港で活動する中国軍の情報将校の身元
    =香港で活動するスパイの名前
  • 香港、台湾、オーストラリアで行われている活動の内容と資金源
    =中国のスパイは、香港、台湾、オーストラリアで何をしているの?どこから金が出ているの?

とても貴重な情報です。彼は、オーストラリア人で中国の諜報機関に協力している人の名前もばらしたかもしれません。

ナインによると、王氏は有力紙のエイジ(The Age)とシドニー・モーニング・ヘラルド(Sydney Morning Herald)、報道番組「60ミニッツ(60 Minutes)」とのインタビューの中で、中国政府が複数の上場企業をひそかに支配し、反体制派の監視と調査分析、報道機関の取り込みを含む諜報(ちょうほう)活動の資金を出させていることについて、「微細にわたって」説明した。
(同上)

中国政府が上場企業を支配し、反体制派の監視と調査分析を、報道機関の取り込みを含む諜報活動の資金を出させている。

中国では上場企業が諜報に資金を出しているのですね。昔からいわれていることですが、中国のスパイ本人がいうと真実味が違います。

ところで、スパイの王さんは、どういう名目でオーストラリアに来たのでしょうか?

王氏は現在、妻と幼い息子と共に観光ビザでシドニーに滞在し、政治亡命を申請している。
(同上)

観光ビザで来て政治亡命していると。妻子が一緒ということでよかったです。貴重な情報をお持ちということで、きっと政治亡命、許可されることでしょう。でも、亡命希望が却下されたら…。

ナインのウェブサイトに23日に掲載された24日放送予定の「60ミニッツ」の映像の中で、王氏は「帰国すれば命はない」と通訳を介して述べ、中国に戻れば死刑に処されると訴えた。
(同上)

中国に戻れば死刑

そうなのでしょう。彼の出現が、オーストラリアに与える影響は

王氏に関する今回の報道は、オーストラリアで高まっている中国の諜報活動や内政干渉への警戒感をさらにあおるとみられる。
(同上)

中国の諜報活動や内政干渉への警戒感をさらにあおる」そうです。

世界はずっと、「チャイナマネー」欲しさに、この国の人権侵害、諜報活動、政治工作などを無視してきました。しかし、2018年にアメリカが「覇権戦争」を決意したので、中国のダークサイドが続々と暴露されてきています。

今後、ますます「中国悪魔化工作」の流れは加速します。だから、習近平の国賓訪日は絶対やめるべきなのです。

image by: Frederic Legrand – COMEO / Shutterstock.com

北野幸伯この著者の記事一覧

日本のエリートがこっそり読んでいる秘伝のメルマガ。驚愕の予測的中率に、問合わせが殺到中。わけのわからない世界情勢を、世界一わかりやすく解説しています。まぐまぐ殿堂入り!まぐまぐ大賞2015年・総合大賞一位の実力!

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら
登録!しよう
『 ロシア政治経済ジャーナル 』

【著者】 北野幸伯 【発行周期】 不定期

印刷する

人気のオススメ記事

  • PR 儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    儲からない、続かない…はもう卒業。タイプを活かして副業成功へ
    (副業アカデミー)
  • 「中国に戻れば死刑」豪へ逃げた中国人スパイが暴露する衝撃事実
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け
  • ついでに読みたい