ファッション界の人気コンサルが5年放置のYouTubeを再開した訳

shutterstock_1568911996
 

行き詰まった日本の繊維アパレル業界への提言を続けるファッションビジネスコンサルタントの坂口昌章さん。長年糧を得てきた業界の凋落は、そのまま本人の生活にも影が差すものとなっています。坂口さんは、自身のメルマガ『j-fashion journal』で、そんな環境の中、さまざまな現代的手法を用いて試行錯誤してきた体験を振り返ります。そして、いままた5年前にチャレンジし放置していたYouTubeを利用した「教育動画コンテンツ」に活路を見い出しているようです。

YouTubeを再開した理由

1.5年前のYouTube実験

小学生が憧れる職業「ユーチューバー」。YouTubeに動画をアップして、視聴者数を増やして広告収入を得る職業だ。人気のあるユーチューバーは月1億以上も稼ぐという。

しかし、視聴率を稼ぐには、刺激的なコンテンツを連続して投稿しなければならない。その企画力と実行力、本人のキャラクターなどが必要になる。

私も5年前に初めてYouTubeに動画を投稿した。とりあえずどんなものか、実験したのだ。ビデオカメラを三脚に付けて撮影し、動画のデータをパソコンに送り、編集ソフトで切り貼りし、表紙の画像を作り、投稿した。意外に面倒だなと思った。

私が投稿したのは、学校の講義のような長い動画だった。ひいき目に見ても面白いものではない。投稿しても別に反応はないし、自分の顔を見て、声を聞くのも苦痛だった。もっとイケメンで美声ならいいのだが、誰がこんなものを観るのか、という感じだ。

無料の動画をアップすることの意義も見いだせなかった。それでも、25本程度はアップした。その後、海外出張時などで、3分程度の風景などの動画を上げたりしていた。静止画より面白いが、それだけのことだ。

2.有料メルマガ、クラウドファンディング、オンデマンド出版

一方で私は有料メルマガも発行していた。文章を書く媒体が減少し、執筆の仕事もなくなったため、自分に課題を課すために続けてきたようなものだ。こちらも読者が増えるわけでもなく、と言って、宣伝するわけでもなかった。

それでも、たまに、まぐまぐ経由でネットニュースになったり、そこから取材を受けることもあった。有料メルマガの内容は、ブログに転載したが、こちらも別にアクセス数が伸びるわけでもなかった

それでは「書籍を作ったらどうか」と考え、クラウドファンディングとオンデマンド印刷を組み合わせて、プロジェクトを立ち上げ、一応プロジェクトは設立した。書籍を作り、発行した。読んでいただいた方からは「面白かった」と言われたが、思ったほどに発展することはなかった

常に、実験を繰り返してきたが、何の成果も上げていなかったと言えよう。

print

  • ファッション界の人気コンサルが5年放置のYouTubeを再開した訳
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け