「国民年金と厚生年金の統合検討」報道にネット不満と不安の声

2019.12.11
716
by MAG2 NEWS編集部 HY
shutterstock_373019185
 

別々に財政管理されている国民年金と厚生年金の積立金を統合することを厚生労働省が検討していると、朝日新聞デジタルが伝えた。同メディアによると、相対的に財政が安定している厚生年金の積立金を活用し、将来の年金水準が大きく下がる国民年金の底上げを図るのが狙いだという。ネット上では不満と不安の声が多数挙がっている。

朝日新聞デジタルによると、まずは来年夏までにパート従業員等への厚生年金の適用拡大などの年金改革法案の成立を目指し、その後、慎重な議論を重ねた上で2025年の国会への法案提出に向けて舵を切るとしている。この報道を受けて、制度の独立性や信用性に対する疑問の声や、公務員や議員などの年金は統合されないのか?といった声がネット上に多く挙がっている。将来、年金は本当に払われるのか、識者や議員、市井の声を取り上げてみた。

Twitter上の反応

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

image by: Shutterstock.com

print
いま読まれてます

  • 「国民年金と厚生年金の統合検討」報道にネット不満と不安の声
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け