株価が今年の最高値を更新。終値2万4066円

2019.12.17
5
by 編集部サトシュウ
shutterstock_1465973759
 

17日の東京株式市場は、世界経済の減速懸念の後退で買いが強まり、日経平均株価は反発し、終値は前日比113円77銭高の2万4066円12銭で、今年の最高値を更新しました。NHKによると、市場関係者の話として、「米中の貿易交渉とイギリスの総選挙でEU離脱をめぐる動きに進展が見られ世界経済の2つの懸念が後退した。このため、欧米の株式市場に加えて、中国市場でも株価が大幅に上昇し、この流れを受けて東京市場でも買い注文が膨らんだ」と話しています。

今日の日経平均は寄り付きで前日比138円高の2万4091円と日中高値を付け、目先の利益を確定する目的の売りが出たものの、2万4000円を下回る場面では海外投資家による先物買いが入り、下値は限られたと日本経済新聞は伝えています。

東証1部の売買代金は概算で2兆1718億円。売買高は12億8990万株。また、東証株価指数=トピックスは10.33上がって1747.20となり、こちらも今年の最高値となりました。
これを受け、ツイッターでは様々な反応が見られます。

Twitterの声





 

image by:Shutterstock

print
いま読まれてます

  • 株価が今年の最高値を更新。終値2万4066円
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け