なぜ、現役科学者は売っているアイスを買わずに家で作るのか?

shutterstock_281680307
 

コンビニなどでついつい買ってしまうアイスですが、あまりに頻繁だとその出費もバカにならないものです。そんなアイスを自作できたとしたら…。今回の無料メルマガ『アリエナイ科学メルマ』では著者で現役科学者のくられさんが、アレンジも自由自在、自分好みのアイスを簡単に作る方法を紹介しています。

カップアイスを家で再現する

アイスクリームにはハーゲンダッツのような小さいカップに入って何百円もするものと、大きなカップに入って100円もしないカップアイスがあります。どちらも同じようなアイスクリームですね。

実はこの安いアイス、高いアイスと比べてまったくの別物だというのをご存じで美味そうしょうか。

種明かしをすると、食品表示ラベルを見れば一目瞭然です。

まず高いアイス(ハーゲンダッツとか)は品名「アイスクリーム」と書いてあります。

アイスクリームをアイスクリームと書いてあるのは当たり前…だと思いますが、安いのはなんなんでしょう?

実は安いアイスはアイスミルクやラクトアイス、氷菓子などと、乳脂肪の含有量によって名称が違い、安いアイスはアイスクリームとは書かれておらずラクトアイスや氷菓子という表記になっています。

そんな格安アイス、実は簡単に作ることができたりします。

作り方は極めて簡単。さらにアレンジも自由自在です。今回はグリセリン脂肪酸エステルを使っていますが、入れなくても問題なく出来上がります。

まず、100円程度で売られている植物性ミルクを材料とします。

フタをあけ、植物性ミルクにバニラ風味のためのバニラエッセンス、甘味のガムシロップ、そしてバニラアイスらしい薄く黄色身がかかった色にするために着色料を入れてバシャバシャと振ります。

あとはパックのまま冷凍庫にいれるだけ。本来のアイスクリームに必要なかき混ぜ処理も乳化剤のおかげで不要です。

チョコミルクを溶かして入れればチョコアイス、練乳を入れて甘さを調節すればミルクアイスに、イチゴジャムを入れて固めればイチゴアイスに…とバリエーションは無限で、自分の好みのアイスをいくらでも作ることができます。

植物性ミルクというのは、ミルクを出す植物があるわけではなく、乳化剤で植物油と水をミルク状に混合したモノです。その時点で既に乳化剤を含んでいるので、改めて乳化剤を入れなくてもそれなりのものが出来上がってしまいます。

また植物性のミルクなのでジャムなどの有機酸を含むものをいれても酸とミルクが反応して凝固するということもしません。さらにアイスクリームより植物油由来なのでカロリーは実は低いという良い点もあります。

HS エステルSP-A 1kg リョートー [並行輸入品](Amazon)

こういう添加物を入れるとよりなめらかになり、完成度があがります。

アリエナイ理科ポータルのこの記事をお読みになりたい場合は、こちら

image by: Shutterstock.com

くられこの著者の記事一覧

シリーズ15万部以上の不謹慎理系書「アリエナイ理科ノ教科書」著者。別名義で「本当にコワい? 食べものの正体」「薬局で買うべき薬、買ってはいけない薬 」などを上梓。学術誌から成人誌面という極めて広い媒体で連載多数。

無料メルマガ好評配信中

この記事が気に入ったら登録!しよう 『 アリエナイ科学メルマ 』

【著者】 くられ 【発行周期】 週刊

print
  • PR 成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    成功者は夜が違う。終業後の過ごし方で後に差が付く「夜活」
    (PR:GMOクリック証券)

  • なぜ、現役科学者は売っているアイスを買わずに家で作るのか?
    この記事が気に入ったら
    いいね!しよう
    MAG2 NEWSの最新情報をお届け